たまごは良質なたんぱく質の塊

たまご

たまごは、非常に質のいいたんぱく質の塊と言ってよい存在です。たまごは栄養価が高く、ほかの肉などに比べると余分な脂肪分が少なく、たんぱく質を効率よく摂れる理想的な食材です。

そして、たまごは調理法が豊富で、食べ方も無数かつ簡単に調理出来ます。たまご単体でも美味しくいただけますし、他のものと一緒に調理しても美味しくたんぱく質を補充できます。なんだかたんぱく質が不足していると感じたときは、たまごを1個足せば、さっとたんぱく質が補充できるのです。

たまごのコレステロールは気にしなくてよい

コレステロール

以前はたまごのコレステロール値を気にして、たまごは一日一個までなどと言われた時代もありましたが、現在ではたまごに限らず、食品に含まれるコレステロールが血中のコレステロール値に影響することはないとされています。このため、たまごを摂取する量を制限する必要はないとされており、たまごは良質のたんぱく源として注目されるようになりました。

たまごは物価の優等生。変わらない価格でお財布に優しい

財布

たまごの良いところは、良質のたんぱく源であるというだけではありません。たまごは物価の優等生と言われていて、ほとんど価格が変わらず、高騰することがほぼありません。安定供給されており、不足して買えないということもありませんので、食卓の強い味方として、ダイエットや節約に大活躍させることができます。

価格も安いものが多く、たんぱく質の中では比較的日持ちもする嬉しい存在です。うまく取り入れて、ダイエットや節約にうまく利用していきましょう。

ダイエット時のたんぱく源としてたまごをうまく食べる

たまごは比較的、脂質などを取り入れずに食べやすいたんぱく質です。そのため、ダイエット時には不足しがちなたんぱく源としてうまく食べていくことができます。なるべく油分を加えずに、うまくたまごを食べることで、肥りにくくたんぱく質を摂取していきましょう。

スープに落としてたまごスープ

卵スープ

たまごはスープに落とすとスープを一段と豪華にしてくれますし、うまくたまごを食べることにもつながります。

たまごをそのまま落として中を半熟のままにして食べる、たまごを溶いてふんわりとスープに流し入れるなど、入れ方を工夫することで、食感も変わってきます。スープは胃を温めてくれますので、満足感が得られやすいです。野菜をたくさん入れて具だくさんにすれば、より満足感も増すでしょう。

食卓にたまごスープを加えることで、栄養や満腹感をうまく調整できます。他の高カロリーな食材やお菓子に目がいかないように、たまごスープをうまく利用しましょう。

ゆで卵を朝ごはんに

ゆで卵

ゆで卵は、ほぼたまごのみでできる簡単で高たんぱくな料理です。味付けはシンプルに塩や、めんつゆに漬けて味付けたまごにすることで、美味しく飽きずに食べることができます。毎朝同じ味で飽きてしまうときは、カレー味や出汁醤油など味付けを変えて工夫していきましょう。

ゆで卵は朝ごはんにぴったりですし、朝からしっかりとたんぱく質を摂ることで、一日を活動的に過ごすことができるでしょう。

卵焼きやオムレツも油分少な目が◎

オムレツ

卵焼きやオムレツも、油分を少なく仕上げれば、ほぼたまごだけで仕上げることができます。柔らかく仕上げるために、豆乳や牛乳を混ぜてもよいでしょう。

卵焼きやオムレツを焼く際には、テフロン加工のフライパンを使用すると、油をひかなくてもうまく仕上げることができます。上手に利用して、油少なめな調理を心がけましょう。もちろんそのまま目玉焼きにしてもOKです。

たまごを上手に食べて、たんぱく質不足を補おう

Charming beauty.

たまごを上手に食べて、たんぱく質不足を補いましょう。たまごは美味しくて安い、優秀なたんぱく源です。使い勝手も非常に良いので、たんぱく質が不足したと感じたときには、さっと出して食べられるようにしておくとよいでしょう。

情報提供元:GODMake
記事名:「ダイエット時にもたんぱく質を不足させない!物価の優等生“たまご”をうまく食べよう