※動画あり!お尻と裏ももメリハリづくり♡

年齢が進むと、気になるのがお尻のライン!お尻と太もも裏の境目があやふやだったり、お尻がペタンとしているとか、お尻全体がたるんでいるとか、色々ありますよね。デスクワークで長時間座っていると、お尻、太もも裏の筋肉はほとんど使えていない状態になるので、普段からお尻の筋肉を鍛えることはとても重要なんです!

くっきりさせよう!お尻と裏ももの境目♡

バックキックで大殿筋とハムストリングを鍛えましょう。四つ這い(肘付きOK)の体勢で股関節の伸展を行うと、大殿筋、ハムストリングが使われます。また、股関節伸展には大内転筋も使われるので、お尻のラインづくりと裏ももシェイプに効果的です。

★手は肩幅、膝は握りこぶし一個分位で四つ這いになります。
★膝を軽く曲げたまま脚を天井方向に上げます。※太ももが外側に開いていないか確認しましょう。
★脚の上げ下げを繰り返し行います。
★骨盤がぐらぐらしないように、お腹の筋肉を収縮して安定させましょう。
★回数は、30回3セット続けてみましょう。

あ~しんどい!~というところから、さらに10回行ってみたり、1セット増やしたりと、自分の頑張れるところまでやってみましょう!

実践してみましょう!

腰のしなやかなラインにもGood!

腰からお尻にかけてカーブが無くなってくると、スタイルが悪く見えてしまうのです。女性は腰のラインづくりもスタイルアップには重要ポイントとなるので、脚を上げる時にしっかりと股関節を伸展させて、お尻上部と腰の下部の収縮を意識するのも良い方法です。

お尻のラインづくりには、お尻の筋肉を鍛えるだけでなく、腰と骨盤に付着する筋肉を鍛えることも重要となります。さらに、女性の骨盤は男性よりもゆるくできているので、骨盤の位置を安定させる筋肉の強化は必須となります。

骨盤の安定に関わる筋肉には、骨盤底筋群、腹横筋、横隔膜、多裂筋などがあります。これらの筋肉をバランス良く鍛えると、お尻づくりもはかどりますよ!

お尻

最後に・・・

エクササイズをする時は、綺麗にしなやかに動くことも意識しましょう。エクササイズ中は、いつも自分を見て、どのように身体が動いているかをチェックしましょう!

毎日身体をチェックして、1番綺麗な自分をイメージしながらエクササイズを楽しみましょう!

Photo by fotolia

情報提供元:美ラボ
記事名:「【動画あり】お尻と裏もものメリハリづくり♡