脚をスッキリとさせたいときのお役立ちアイテムの一つが「着圧ソックス」です。「はいたら脚が細くなった!」という人も多く、まさに女性の味方ですね。

しかし、逆に「健康によくない」とか「そもそも脚痩せしない」だなんて噂も聞こえてきます。

こんなにメジャーになってもまだまだ多くの謎を持つ着圧ソックスについて、今一度しっかりとご説明します。正しいはき方を理解して、着圧ソックスの効果をアップさせましょう。

 
着圧ソックスは、血行不良やだるさ対策に◎


知っている人も多いかもしれませんが、着圧ソックスをはくことで期待できる効果は、血行やリンパの流れの改善です。よく、着圧ソックスをはくと脚の疲れやだるさが軽減されると聞きますが、それは血行が促進されてスッキリするからですね。リフレッシュにもいいでしょう。

自分の脚の血行がいいのか悪いのか分からない人は、簡単にチェックが可能なので試してみてください。1分ほど動かずに立った状態をキープしたら、その後自分の脚を観察してみましょう。蛇行している血管や少しだけプクッと浮いている血管があれば血行が悪い傾向にあると言えます。そんな人ほど着圧ソックスがおすすめ。

また、夜中にこむら返りを起こしやすいという人も、その原因は脚の血行不良にあるので、着圧ソックスで血流改善をすることで防ぐことができます。

 
痩せる? ダイエットにもなる? 着圧ソックスで脚が細くなる理由


着圧ソックスをはくと痩せるという情報もありますが、それは正確には間違いと言えます。期待しすぎて、「効果がない!」とショックを受けないでくださいね。正しくは、着圧ソックスをはくことで痩せるのではなく、“痩せて見える”が正解です。

通常、血液は心臓から脚に送られ、静脈を通って再び心臓に戻っていきますが、脚は重力によって血液を戻すポンプ機能が働きにくいんです。要するにこれが脚がむくむ原因ですね。

しかし着圧ソックスは足首からふくらはぎに圧力をかけ、下に溜まった血液を心臓に戻しやすくしてくれるので、血行を促進して脚のむくみを改善へと導いてくれます。まさにこれこそが、脚が痩せたように見えるトリックです。

なので、痩せたと言っても体重の変化があるわけではありません。しかし、見た目の脚痩せ効果には期待ができます。立ちっぱなし、座りっぱなしの状態が多い人ほど、ポンプ機能がうまく働いていないのでよりその効き目が目に見えて分かるでしょう。

 
「着圧ソックスをはいても効果ない」そんなあなたは、はき方を見直して


着圧ソックスの効果については、感じやすいという人がほとんどですが、中には「はいても変わらない」「効果がある日とない日の差が激しい」という人もいます。そんな人は着圧ソックスのはき方が間違っている可能性がありますよ。

正しい着圧ソックスのはき方はそれぞれのメーカーが推奨するものがあるので、そちらに沿うのが一番ですが、どのメーカーにも共通しているポイントは、きちんと脚にフィットするようにしてはくことです。

例えば、普通のソックスと同様に一気に上までソックスを上げてしまっている場合、あまり効果は感じることができないでしょう。はく前に必ずソックスをたぐり寄せ、一旦足首まで着圧ソックスを上げたら、少しずつふくらはぎ、膝周りへと引き上げるようにすると、よりしっかりと脚に圧力をかけることが可能です。

ちなみに、ソックスが緩すぎたりきつすぎたりする場合は、サイズが合っていない証拠なのでこちらもイマイチな効果しか得られない可能性が。着圧ソックスのサイズは、足首の太さやふくらはぎの太さも関係し、多くのメーカーの着圧ソックスに細かな数値が提示されています。自分のサイズを把握して自分に合ったものを選ぶことも大切ですね。

 
高血圧の人は、着圧ソックスは危険?


「高血圧の人は着圧ソックスをはいてはいけない」という噂を聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。

実は着圧ソックスによる血行障害の可能性があるとの報告があり、各メーカーの注意表示にも「高血圧の人は使用してはいけない」という旨が書かれているので、少なからず注意は必要です。

比較的着圧が低い着圧ソックスでも、サイズが小さすぎたり、重ねばきをしていたりすると、特に高血圧の人にとっては悪影響を及ぼす可能性も。

自分の健康状態を見ながら、使用することが大切だと念頭に置いておきましょう。

 
寝るときは、夜用の着圧ソックスを。5本指タイプならリラックス効果も抜群でおすすめ


翌朝の脚痩せ効果を狙って、寝るときに着圧ソックスをはいている人も多いようです。しかし、日中用の着圧ソックスは夜に適していないので、夜は夜用の着圧ソックスをはくようにしてくださいね。

日中用の着圧ソックスをはくことで寝つきが悪くなった経験がある人もいるかもしれませんが、どのメーカーも夜用の着圧ソックスは日中用のものよりも若干低着圧になっていて、睡眠を妨害しないように作られています。

それに、寝ている間、脚は地面と平行になっているので、日中用のソックスだと締め付けが強すぎて、血流をかえって悪くする可能性もあるのです。せっかく脚痩せ効果を狙っているのに、逆に血流が悪くなってむくんでしまっては台無しですよね。

実際、メーカーの注意書きにも寝るときは寝るとき専用のものをはくように書かれていることが多く、きちんと分けたほうがよさそうです。

夜用のものは、動いてもズレない作りになっていたり、指をセパレートできる5本指タイプになっていたりとリラックスができる工夫がなされたものが多いですよ。

 

 
口コミ人気が高い着圧ソックス

Amazon


現在、多くの着圧ソックスが市場に出回っていますが、やはり二大人気は「スリムウォーク」と「メディキュット」です。

どちらの商品もモデルや女優が愛用しているというほどの優れもので、着圧ソックスの定番とも言えそうです。

どちらがいいかは甲乙つけがたいですが、口コミを細かく見ていくと、脚痩せ効果が期待できるという点でやや「スリムウォーク」のほうが人気が高そうですね。スリムウォークのほうが、メディキュットより若干高着圧なので、その効果が実感しやすいのかもしれません。また肌触りもよく、はきやすいので、その点も評価されているようです。

どちらの商品も、買って後悔したという声は少ないので、安心して使用していいと思います。

 

着圧ソックスは脚痩せだけではなく、脚の疲れの改善にも最適なアイテムです。ただはくだけというお手軽さなので、誰もが気軽に試せますよね。

しかしせっかく着圧ソックスを活用しているのに、間違った使い方をしていては意味がありません。これまで効果をあまり感じられなかった人ははき方やサイズを見直して、脚痩せを目指していきましょう。

 

参考:メディキュット、ガッテン、独立法人国民生活センター

情報提供元:ANGIE
記事名:「むくみ足スッキリ♡意外と知らない着圧ソックスの正しい使用法とは?