ラティス・テクノロジー株式会社は、大容量3Dデータを実寸大で作業性検証を行うことのできるデジタルVR検証ソリューション「XVL Studio VRオプション(XVL VR)」を、2019年5月8日(水)に発売することを発表しました。


「XVL VR」について

「XVL Studio VRオプション(XVL VR)」とは大容量の3DデータをそのままVRで表示して作業性の確認を行うことのできるソリューションです。

「XVL」は3D CADデータのファイルサイズを高い精度で1/100 以上に軽量化できる、世界トップ水準の性能を持つ技術です。

大容量3Dデータの表現を得意とし、3Dデータによる組立構成や組付順序やサービス構成など3D CADでは不可能な表現を可能にすることで製造業の業務最適化を支援しています。

昨今3D設計が進む製造業ではXVLを用いることで品質の向上や工期の短縮などが実現されており、組立の単位や順序などを実機完成前に検証することで、後工程で発生しそうな問題の検討や改善などを事前に確認できるようになっています。

いままで行われていたモニターやスクリーンなどの平面上の検証では作業時の目線・姿勢といった作業性の確認ができず、実機での確認が必要な上に従来のVRシステムでは大規模なデータを表示できないという制約があり、3Dモデルを簡略化するための工数が膨大で、製造現場での活用が定着しないという課題がありました。

そのような背景から今回の「XVL VR」は開発されています。

「XVL 3次元ものづくり支援セミナー2019」に出展予定!

XVL VRは、2019年5月31日(金)東京と2019年7月19日(金)名古屋で開催される「XVL 3次元ものづくり支援セミナー2019」 に展示される予定です。

「XVL VR」の特長

XVL VRには以下のような特長があります。

・VR用のデータ準備や加工を行う必要がなく、XVLの製品モデルをそのまま利用できる

・実機でしか行うことのできなかった視認性、作業空間をデジタルで検証できる

・ヘッドマウントディスプレイを装着して実寸大の製品モデルの中で作業姿勢を取ることで、作業性検討を設計段階に前倒しすることが可能

・製品全体を見ることが難しかった輸送機械や建設機械、生産設備などの大容量データも実寸大で確認できる

またXVL VRでは、製造業でのワークフローに即した機能も搭載されています。

・計測・断面表示・発見した問題個所のビューをスナップショットとして登録

・あらかじめモニター上で、XVL Studioで見つけた検証箇所をスナップショットとして登録

することが可能で、問題点を素早くVR表示したり、それらを関係部門間で共有できることによって効率的に対策を検討することができます。



製品概要

製品正式名: XVL Studio VR オプション

提供方法: XVL Studio Standard または Proのオプション

価格: 1ライセンス ¥2,500,000(税別)、年間保守 ¥500,000(税別)

※年間保守は初年度より発生

発売日: 2019年5月8日(水)

対応VR機器: VIVE、VIVE Pro

動作環境: VIVE READY PCで動作

サービス情報ラティス・テクノロジー株式会社

※対応機器とVIVE READY PCはユーザーにて用意する必要があります。

※グラフィックスカードはXVL製品が対応しているものをご利用ください。

まとめ

XVLは、設計、試作、製造、販売、サービスといった製品開発と設備開発からライン検討といった量産設備構築の双方で3D情報を活用したデジタルものづくりを支援しており、現在では製造現場に蓄積された3次元CADの大規模データを扱うソリューション基盤として国内外の数多くの企業で採用されています。

今後も、製造業で活用されるVRを目指しサービスの開発が進められていくようです。

ソース:「XVL Studio VR オプション」プレスリリース[atpress]









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「超軽量3D技術「XVL」がVRに対応!大容量データも実寸大で確認できるデジタルVR検証ソリューションリリース