VRコンテンツ企画・制作を行う株式会社ハシラスは、2019年5月15日(水)から16日(木)にインテックス大阪にて開催される「第1回[関西」統合型リゾート(IR)産業展」に出展し、統合型リゾートや観光誘客に適したVRコンテンツやハードウェアを展示することを発表しました。


IR産業展でVRをPR!

昨年7月にIR整備法(特定複合観光施設区域整備法)が成立し、日本では統合型リゾート(IR)の計画が進められています。

「カジノ法案」とも呼ばれ、カジノ施設が話題の中心になっているIRですが、海外の観光客に向けて日本の風土や文化の魅力を発信し、地方への観光誘客を図る、日本の観光産業の要としても期待されています。

日本の魅力を世界に伝えるために有望視されているのが、VRをはじめとした最先端技術です。

伝統芸能やスポーツ、食といった文化の魅力を効果的に知ってもらう手段として、また、日本の風土や観光の魅力を臨場感を持って伝える手法としても大きな期待が寄せられています。

ハシラス社創業以来アミューズメントの分野で培ってきたリアルな体感、酔いづらい、楽しいVRコンテンツは、ただVR映像を視聴するだけでは得られない驚きとエンターテインメント性があります。

IR産業展に出展することで、多くの来場者に体感してもらい、IRや観光誘客にVRコンテンツを活用してもらうのがねらいです。

オペレーションを考えた最新VRコンテンツを出展!

IR産業展に出展される、ハシラス社の最新VRコンテンツを紹介します。

VRジェットコースター新「Urban Coaster」

今回出展される「Urban Coaster」は、これまでに国内のVRアミューズメント施設に導入されてきた「Urban Coaster」の最新版となり最大の特徴は

コインオペレーション式

アテンド完全不要

を実現した点です。

VRアトラクションでは、体験前の説明やVRヘッドセット装着のためにアテンドスタッフが必要でしたが、新「Urban Coaster」では、コインオペレーションと独自開発されたヘッドセット装用システムによってプレイヤーのみでVRアトラクションの体験ができます。

VRアミューズメントで課題となっている「アテンドコストが高い」という問題を解決する画期的なソリューションです。

詳細:株式会社ハシラス公式サイト

コントローラーを投げて遊ぶ「トーヤラケット」

「トーヤラケット」は、東京ゲームショウ2018でも話題となった世界初?の「コントローラーを投げて」楽しむVRスポーツシューターコンテンツです。

プレイヤー自身の技量に応じて楽しみ方が増していくリピート性が高いコンテンツとなっています。

立ち乗り型VRライドハードウェア「キックウェイ」

「キックウェイ」は、VRアトラクションに欠かせないリアルな体感を省スペースな筐体で実現した立ち乗り型ライドハードウェアです。

プレイヤーは、前後加速度、左右旋回加速度、振動などをリアルに体感することができ、VRコンテンツへの没入感が高まります。

リアルな体感が得られることで視覚と体感の不一致によって発生しがちなVR酔いを低減しています。

今回の出展では、VRジェットコースターやVR観光コンテンツなどを体験することができます。

VR乗馬レース「Hashilus Race」

「Hashilus Race」は、乗馬体感ハードウェアを用いた乗馬レースがVR体験できるコンテンツです。

体感ハードウェアは日本の人気IPとコラボしたコンテンツにも採用されています。

乗馬の臨場感や爽快感を体感でき、観光地を巡るVRコンテンツの組み合わせとしても最適です。





統合型リゾート産業展とは

2018年7月20日に、特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)が国会で可決・成立し、滞在型観光を実現するため日本でもカジノを含めた複合型観光施設の整備が進められることになりました。

日本では新しい産業となるIR産業の活性化と発展を目指し、日本初のIR産業向け展示会「第1回[関西]統合型リゾート産業展」が大阪で開催されます。

第1回 [関西]統合型リゾート産業展概要

イベント名:第1回 [関西]統合型リゾート産業展(1st JAPAN IR EXPO 2019)

会期:
2019年5月15日(水)10:00-17:00

2019年5月16日(木)10:00-16:00

会場:インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)

詳細:公式サイト

まとめ

ハシラス社は、これまでもアドアーズやサンシャイン60展望台「SKY CIRCUS」など国内のアミューズメント施設に多くのVRコンテンツを導入しています。

今回出展されるのは、TGS2018でも出展され話題となったコンテンツですが、IR向けに観光と組み合わせたコンテンツの紹介や効率的、省力オペレーションをPRする目的があるようです。

カジノ法案として注目を集めるIRですが、滞在型観光の主力を担うコンテンツとしてVRが活用されるのを期待したいですね。

ソース:「ハシラス社、IR産業展に出展」に関するプレスリリース[PR TIMES]









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRで観光促進を!ハシラス社が新作VRコンテンツをIR産業展へ出展