TPCastのワイヤレスアダプタ

FCCの承認を取得したTPCastのワイヤレスアダプタ

高解像度の映像とルームスケールのプレイエリア、精度の高いハンドトラッキングコントローラーでVR体験を楽しめるハイエンドVRヘッドセット、HTC Vive。

PCベースのハイエンドヘッドセットではライバルとなるOculus Riftが2度の値下げを行ったこともあって価格の高さが一つの特徴となってしまっているが、もう一つこのHTC Viveの欠点として挙げられるのがPCとの有線接続が必要なことだ。

HTC Viveのワイヤレス化を行うTPCastのワイヤレストランスミッターとバッテリーがFCC(連邦通信委員会)の承認を取得し、アメリカでの発売に向けて準備を進めているとみられる。

ハイエンドVRをワイヤレスで

ワイヤレス化されたHTC Vive

TPCastのアダプタでワイヤレス化されたHTC Vive

ハイエンドVRデバイスの欠点

HTC Viveだけでなく、同じくPCベースのハイエンドVRヘッドセットであるOculus RiftやPS4に接続して使うPSVRにも共通する特徴ではあるのだが、PCやPS4といったマシンとヘッドセット本体を有線接続する必要がある。

モバイルVRデバイスと違って、こうしたハイエンドVRデバイスでは対応するコントローラーを使うことでユーザの手の位置をトラッキングすることが可能だ。

ViveやRiftでは、ユーザ自身の移動をトラッキングすることもできる。

せっかくの高いトラッキング能力も、ヘッドセットがケーブルで繋がれていることによって制限されてしまう。

プレイするコンテンツの内容にもよるが、ハイテンポなアクションゲームやシューティングゲームでは移動しているうちにケーブルを踏んでしまったり、コントローラーを引っ掛けてしまったりしないように注意が必要だ。

VRアーケードでは、天井からケーブルを垂らす形にすることで利用者がケーブルで転倒することを防いでいる施設もある。

これはケーブル問題に対する一つの解決策だが、VR専用の施設ならではの対策でもある。自宅で天井にViveのケーブルを敷設するのは難しいだろう。

ワイヤレスアダプタの登場

スタンドアロンタイプのデバイスや、ゴーグルに取り付けたスマートフォンを使って映像のレンダリングを行うモバイルVRデバイスではケーブルから解放された自由なVR体験が可能だ。

ハイエンドVRデバイスでもケーブルを使わずに映像をワイヤレスで送信してくれるのが、TPCastやDisplayLinkのワイヤレスアダプタである。

単体でも高価なVRヘッドセットの値段にアダプタの値段(TPCastの製品は約3万円とされている)が加わってしまうのは難点だが、ケーブルの無いVRは体験したら戻れないとも言われている。

トラッキング可能なプレイ範囲が限られているので、ヘッドセットをワイヤレス化したからといって自宅でロケーションVRのような体験が可能になるわけではない。

とはいえ、振り向くときやコントローラーを振り上げるときにケーブルを気にしなくて済むのは大きなメリットだ。

TPCastの動き

複数台のHTC Viveに対応するTPCast

複数台のHTC Viveに対応するTPCastのビジネスエディション

中国での予約販売

TPCastはHTC Vive用ワイヤレスアダプタの開発に成功し、既に中国では消費者向けの予約販売も行われている。

予約分は既に完売しており、その後の動きは伝えられていなかった。TPCastのサイトでは予約分の出荷予定を2017年の4月としていたが、現在でもその状態から更新されていない。

FCCの承認

電化製品を販売するためには、その国の安全基準を満たしていなければならない。アメリカの場合にはFCC(連邦通信委員会)の認可が必要となる。

TPCastのPCトランスミッタバッテリーがそれぞれFCCの承認を得ており、アメリカ国内で販売する準備が進められているようだ。

まだ中国以外の地域でTPCastがワイヤレスアダプタを発売するという情報はないが、近いうちにアメリカでの発売が伝えられるかもしれない。

発売時期

ワイヤレスアダプタの発売時期について1月には2017年の第2四半期という情報が出ていたが、4月には第3四半期が目標と変更された。

サイトで売り切れの状態が続いていることからすると生産体制が整っていないのかもしれないが、ここに来てFCCの承認が得られた。

8月後半から9月にアメリカで発売される可能性も残されている。

 

TPCastのワイヤレスアダプタが発売される時期は分からないが、VRのワイヤレス化には注目が集まっている。

今年の末までにはワイヤレスアダプタ不要のスタンドアロン型デバイスがHTCから登場する予定だ。

Oculusも、安価なスタンドアロンデバイスを開発中とされている。

TPCastは独立型デバイスの利用が拡大するまでに製品を流通させることができるだろうか。

 

参照元サイト名:Upload VR
URL:https://uploadvr.com/tpcasts-pc-transmitter-gets-fcc-approval/

Copyright © 2017 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「TPCastがFCCの承認を取得!アメリカで発売へ?