ARKit

世界最大のARプラットフォームになると言われるAppleのARKit

AppleがWWDC 2017で発表したARKitはiPhoneやiPadといったApple製のiOSデバイスに対応し、リリースされれば世界で最も普及したARプラットフォームになると言われている。

確かにiPhoneは人気のあるスマートフォンであり、特に日本では多くのユーザに利用されている。タブレット端末でも、iPadは他OSを搭載したものに比べて人気のある端末だ。

何十万人がARKitを使う、あるいは何百万台ものAR対応デバイスが世界に存在することになると言われているが、実際には何台くらいのARKitに対応予定のデバイスが現役で使われているのだろうか。

ARtillryでは、その推定台数が計算されている。

3億8千万台のiPhone

ARKit対応デバイスの広まり

ARKit対応デバイスの広まり(ARtillryの推計)

結論

ARtillryの計算が正しければ、現在利用されているARKitに対応可能なiPhoneは世界で3億8,100万台だ。

この数字は、2017年の終わりには5億500万台、2020年末時点では8億5,300万台まで増加するとされている。

詳細

この台数はiPhoneのみであり、iPadは含まれていない。

ARKitに対応するiPhoneとして計算されたのは、A9チップまたはA10チップを搭載するiPhoneだ。世代で言えばiPhone 6Sまたは6S+とそれ以降の世代が含まれる。

2015年に発売されていることと、2.5年間の製品サイクルから現在の数字が計算されている。

買い替えは2017年以降も同様のペースで続くと考えられる。現在旧型のiPhoneを利用しているユーザだけでなく、新たにiPhoneを購入するユーザもいるだろう。

iPhoneの販売台数は年々減少しているが、それでも世界で利用されるiPhone全体の数は緩やかに増加を続けると見積もられている。

ARtillryは、2018年の末までにARKitに対応しない古いiPhoneの大部分が買い替えられると予想している。2018年以降も継続して使われる旧型(発売から4年以上が経過している)iPhoneの台数は4,800万台と見積もられており、2020年にかけて限りなくゼロに近づいていくはずだ。

iPad

上記の数字にはiPadの台数が含まれていなかったが、ARtillryはiPhoneに比べればARKitに対応するiPadの数が少ないと考えている。

2017年末の時点で、予想台数は3,200万台とiPhoneの10分の1以下だ。これにはプロセッサや光学部品の違いが関係している。

また、iPadはiPhoneに比べると端末のサイズが大きく、重い。持ち運んで、様々なものにカメラを向けるというARアプリの用途により適しているのはiPhoneといえるだろう。

一方でiPhoneよりも画面のサイズが大きいという強みもあるため、この点を活かしたARアプリも開発されそうだ。

ARKit以外のAR

AppleのARKitが登場すれば、iPhoneとiPadが非常に大きなシェアを持つARデバイスになることは確実だ。

ARtillryの計算が正しければ、今年の末に5億4千万台のARkit対応デバイス(iPhoneとiPadの合計台数)が使われることになる。

AR業界に対するAppleの影響力が非常に大きいことは間違いないが、他にも同時期にARデバイスをリリース予定の企業が存在する。

Meta Meta 2

現実の風景にオブジェクトを重ねて描画できるARヘッドセットを開発しているのはMeta社だ。

同社が2017年の第3四半期に出荷予定のMeta 2は、マイクロソフトのMRヘッドセットHololensのライバルになり得る。

特に価格面でHoloLensに対して優位に立っており、HoloLensの3分の1以下というリーズナブルな価格で購入できるのがポイントだ。

生産・出荷が遅れる技術を盗まれる?とトラブルが続いていたが、第3四半期には出荷予定となっている。

Lenovo Star Wars: Jedi Challenges

Star Wars: Jedi Challengesは、ディズニーが発表したARデバイスおよびそのコンテンツだ。

発表時に公開されたトレイラー映像以上の情報はないものの、スターウォーズの世界をARで体験できるものになると思われる。

デバイスの開発はLenovoが担当しており、専用のアプリを起動したスマートフォンをゴーグルに固定して利用する形になるようだ。

 

2016年はVRデバイスが続々と登場した年だったが、2017年にはARデバイスの発表が続いている。

いずれ利用されるようになる未来の技術とされていたARが、日常的に見かける技術になるときも近いのかもしれない。

 

参照元サイト名:ARtillry
URL:https://artillry.co/2017/08/01/how-big-will-arkit-really-be-unit-forecast/

参照元サイト名:Upload VR
URL:https://uploadvr.com/380-million-iphones-are-arkit-compatible/

Copyright © 2017 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「ARKitによりARに対応するiPhoneは約3億8千万台