どこからどこまでが、猫なのか犬なのか。 でっかいはずの、ノルウェージャンフォレストキャットが小さく見える、アラスカン・マラミュートとの仲良し動画をご紹介。一つの寝床を巡って、心温まる争いが繰り広げられております。
アラスカン・マラミュートの名前はNikon君。名前からして、沼にはまらせようとするタイプなのでしょうか。ノルウェージャンフォレストキャットのWoody君は、Nikonの寝床にさりげなく近づき、「兄さん、今日もいい陽気で、ご機嫌も麗しゅうござんすね。ちょいと鼻で挨拶をしながら、ずずいと奥へ入らせてもらいますよ。いいえ、そんなお構いは無用でがす。少しこう、脚をどかしてもらえば、ええ、それでようがす。六根清浄六根清浄よっこい正一どっこいしょ」と言っているのかどうかは定かではありませんが、そんな感じで仲良く一体化。キャッキャウフフの甘噛み応酬の末、暑くなったと見えてWoodyはさっさとお暇。押しかけられて入ってこられたはずのNikonですが、なんだか寂しそうであります。 [Alaskan Malamute loving Norwegian Forest Cat/YouTube]

【関連記事】
外されたガラス天板気づかずに、床に着地しやや困惑する猫
その牙でハープを奏でる白き猫、絶妙な間で演奏に参加
喉鳴らし鼻息鳴らして迫る猫、猫占有率の高い動画に

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「犬のベッドに押し入る猫、仲良くじゃれつつ一体化