1粒で2度美味しい系の猫アイテムであります。 自律神経が安らぐ音楽とかがある世の中ですから、見ているだけで目が良くなる画像や動画が、そろそろ出てきてもいいんじゃないかと思う、21世紀を約17%経過した今日このごろであります。見ていると目が良くなるというのはなかなか二律背反する難事でありますが、根拠もなく自信を持って言いますれば、猫写真と猫動画はその最右翼ではないでしょうか。そんな妄想を現実へと近付けてくれる一冊が登場しました。その名もズバリ『見るだけで目がよくニャる猫の写真』であります。 とりあえず猫持ってくれば癒やしでしょ案件かと思いきや、ちゃんと「目がよくなる3つのワケ」があるようでして、プレスリリースによれば以下のように記されています。
猫の写真を眺めるだけで、目がよくなる3つのワケ。

① こりかたまった目の筋肉がほぐれる。

② 目と脳を同時に刺激。

③ 猫の写真で目がリラックス。 これらの相乗効果によって、近視、老眼、疲れ目、ドライアイがぐんぐん回復。眺めて楽しんで癒されている

うちに、いつの間にか目の不調が改善します
監修は、名古屋にある「ほんべ眼科」院長の本部千博氏で、あえて端的に申すならば、猫を見るのにかこつけて目の筋肉をほぐす、というのがこの本の主題といえましょうか。 さて、そのほぐし方はいろいろありまして、記事トップの猫写真のように、猫の体躯に沿った矢印を猫を愛でて見つめる方法や、以下のような刮目して猫を見つめざるを得ない、ウォーリーを探した世代の心を掴む方法も用意されています。 丸眼鏡の赤白ボーダーで落ちそうで落ちない帽子をかぶった年齢不詳のおっさんを血眼になって探すよりも、段違いに探すモチベーションが高まる写真のチョイスで、サンプルページなのにじっと見つめてしまった方も多いのではないかと察せられます。気になるお値段は税込み788円となっております。現実を見るのは辛いけど、ブルーライトもちょと辛い、という方にオススメできるアイテムです。 [見るだけで目がよくニャる猫の写真/マキノ出版]

【関連記事】
7匹の主演の猫の特典映像、本編を凌駕する可能性大
石膏ボードに固定ができる、デザイナーズのキャットシェルフ
鳴き真似上手なAIスピーカー、あまりにリアルで猫は困惑

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「猫写真を愛でて見つめりゃ眼力アップ、一石二鳥のムックが登場