猫壱ファンの方ならご存知のとおり、「猫壱のつめとぎ」といえば「ダンボール」製が多いのが特徴ですよね。
バリバリベッド」「バリバリボウル」が猫壱の主力つめとぎになります☆
(じわじわ人気をのばしている「バリバリつめとぎポール」本体は「綿タイプ」です)

 

つめとぎは猫ちゃんにとっても、一緒に暮らす私たちにとっても、必需品。
毎日使う、なくてはならない大切な存在です。
そんな大事なつめとぎだからこそ、猫ちゃんたちに、もっともっと快適に、安全に、長く使ってほしい、そんな想いのもと、品質改善プロジェクトを昨年より行ってまいりました。
 

(@nao_co5 様、可愛いバリバリベッドのお写真のご投稿ありがとうございます)

今回はそんな猫壱のつめとぎの品質upのヒミツを、「トレイブラシスポンジ誕生秘話」をお送りしたenより、みなさまにお届けいたします!
みなさまが猫壱つめとぎにご興味を持っていただくきっかけになりましたら、大変嬉しく思います。
どうぞ最後までご覧くださいませ。


ダンボール製のつめとぎというと、猫ちゃんが喜ぶことはもちろんのこと、とってもシンプルな作りとも言えます。
「シンプル」ゆえ、猫壱はみなさまにご支持いただいている「デザイン」に力をいれてきたものの、「素材」という観点において、弱い面がありました。

日々いただくお客様からのご意見を真摯に受け止め、前々より品質改善に努めておりましたが、なかなかこれ!という改善ができずにおりました。

従来の猫壱のつめとぎに寄せられていた、ネガティブなご意見は、大きく分けて3つ。
 

基本的に安価なダンボールは、「再生紙」を原材料として作られています。
それ故に、そんなダンボールから生産しているつめとぎにも、多少の差はあれど、ニオイがしてしまうものが多かったのです。

ニオイの感じ方は、猫ちゃんにも私たちにも当然個人差があります。
問題なく使える猫ちゃんもいますが、中には嫌がってしまいますという猫ちゃんも…。

せっかく喜ぶ姿が見たくて、猫壱商品を手にとっていただいたのに、悲しい思いをさせてしまったことに、ずっと苦しい思いを抱いていました。
個人的にも一番改善させたかった問題です。
 

(@anko_and_kinako 様、バリバリボウルのお写真のご投稿ありがとうございます♥)

販売直後に発生した「バリバリボウル」のバラバラ問題。
土台の脚を増やすことで、改善が見られてきたものの、依然として、交換する時にバラバラになってしまうという問題が、少なからず発生しています。
巻き直してご使用いただいているお客様もいらっしゃいますが、なかなか上手に巻くのは難しい…

人気のある商品だからこそ、改善したい問題でした。
 

(@405yohko405様、バリバリベッドのお写真のご投稿ありがとうございます♥)

特に商品レビューで多いコメントがダンボールとぎカス問題でした。
毎日楽しくバリバリしてくれるのは嬉しいけれど、ものすごい量のとぎカスが出るので掃除が大変!と…
元気に使ってもらえているからこそのお悩みですが…猫ちゃんたちはもちろん、一緒に暮らすみなさまにも、快適に使ってほしいと思っていたので、軽減させたいと思っていました。


以上、3つが特に猫壱が抱えていた問題です。

これらを改善すべく、猫壱の生産品質管理担当者が、生産国である中国を探し周り、出会ったのがいま生産をお願いしている工場です。

(ちなみに…。
当然「国産」という選択肢も検討しましたが、国内ではダンボール商品の曲線を作るという作業がとっても難しかったのです。
お値段がとんでもないことになるのです‥。
いつかプレミアムラインでできたらいいなぁと個人的には思います。)

 

いまお付き合いのある工場は、猫ちゃんのダンボールつめとぎ専門。
つめとぎ1本、命をかけている会社です。

社長さんは、自社工場から出荷する商品の品質について、なみなみならぬ覚悟とプライドを持っています…!!!

そんな工場と一緒に品質改善に取り組み始めた猫壱です!

 


(@botamochi_to_daifuku様、バリバリベッドのお写真のご投稿ありがとうございます♥)

まず大きく変わったのが原材料!
再生紙にも色々あって…紙のみを原料にした再生紙もあれば、紙以外の不純物も混ざった再生紙も…。

ダンボールから放たれるイヤなニオイ。その原因の1つが不純物なのです。

猫壱のつめとぎ生産工場で使用している再生紙は、原料にこだわったアジア最大のダンボールメーカーから購入しているため、原料は紙のみ。
なので、いやなニオイがしないのです。
さらに原料の約10%には、原パルプ紙(ニュージランド製)を使用しています。
以前から猫壱つめとぎをご愛用いただいているお客様ですと、比べていただいた時の違いを感じていただきやすいと思います!
 



原料が変わったことに加えて、ダンボールの厚みが薄くなったことにより密度もup!!
ダンボールの厚みは「フルート」という単位で表現されるのですが、これまで使用していたのは「Cフルート」新しく使用しているのは「Bフルート」という厚さ約半分のダンボール。

バリバリボウル」の巻き巻きのダンボールの密度が大きくup!
そのため、つめとぎ部分がよりキュッとするのでくずれてくるのを防いでくれます。
つめとぎ部分をひっくり返しても、曲線美が変わらないくらいの密度になっています。

さらに熟練のダンボール巻き職人さんが工場におり日々絶妙な巻き加減で巻いてくれている、というのも大きなポイントです。

 

 


ダンボールつめとぎが好き!という猫ちゃんは多いですが、とぎカスが多いというのは、少々お困りポイントですね。
今回、ダンボールの紙質が大幅にグレードアップしたため、「とぎカスを減らす」ということも実現しています!

紙の丈夫さというのは、原料のパルプの繊維の長さによる。
繊維が長ければ長いほど丈夫、ということになります。
丈夫になればなるほど、猫ちゃんのとぎがいはup↑
さらに簡単には削れないのでカスがでづらい、
というなんとも嬉しい2つの効果を実現しました!
 

(@h.s.girl 様、可愛いバリバリボウルのお写真のご投稿ありがとうございます♥)

さて、この変化がいかほどなのか…。
触ったりニオイを嗅いだりせずとも、商品写真だけでも変化がわかるのでご紹介させてください!

特にわかりやすい「バリバリボウル猫柄」でご紹介します!
 


いかがでしょうか。
目に見えて、品質が違うのがわかるかと思います。

SNSで旧品質品、新品質品、両方ご使用いただいているお客様のご投稿もわかりやすいですね。

お写真右が旧、左側が新品質です☆
 

(@sh_sung.kei 様、可愛いバリバリボウルのお写真のご投稿ありがとうございます♥)

みなさまに長く愛されている猫壱のつめとぎ。
たくさん愛していただいている商品だからこそ、よりよい品質で使ってほしい…。
何度も買い換える消耗品だからこそ、なるべく長く使ってほしい…。
そんな想いを込めて、進めてきた品質改善プロジェクト。

みなさまに、そして何よりも猫ちゃんたちに喜んでもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。

ぜひ、みなさまの目で猫ちゃんの爪で、新しく生まれ変わった猫壱のつめとぎを確かめてみてくださいね!!
 


猫壱が自信を持っておとどけする自慢のつめとぎシリーズ。
ご興味をお持ちいただけましたでしょうか。

みなさまからのご感想を心よりお待ちしております…!!

 



猫壱会員様にご登録いただきますと、「猫のための防災マニュアル」無料配布中です!
 


 

情報提供元:猫壱
記事名:「猫壱つめとぎ品質upのヒミツ☆【猫壱Story】