タピオカ恫喝がネット上で拡散され、芸能界休止にまで追い込まれてしまった木下優樹菜さん。夫であるFUJIWARAの藤本敏史さんの仕事にも影響する事態となりました。木下優樹菜さんのヤンキーは芸風でキャラだとばかり思っていたというファンも多く、ショックを受けている人も多いようです。そんな中、実は12年前にこのことが予言されていたのではないかと話題となっています。

タピオカ騒動で芸能界自粛へ

木下さんは2019年10月6日のインスタグラムで、姉が、勤務先のタピオカ店とトラブルになっていると投稿。これに関係者とみられる人物が、木下さんから送られてきたとされるインスタグラムのダイレクトメッセージの画像をツイッターで公開しつつ上で反論

引用 https://this.kiji.is/569116836999595105?c=427849843378390113

「これは脅迫になる恐れもある」「あの舐め腐った文脈逆にすごい」「タピオカ騒動やっと詳しく知ったけど、アホすぎて笑える」とネット上でコメントも。

軽率な文面をDMで送ってしまったことで自分自身の首をしめることとなってしまった木下優樹菜さんですが、実は過去にもとんでもないことをしていたと話題となっているのです。

それがこちら!

「Pabo」でアイドル歌手デビューしていた過去

バラエティ番組「クイズヘキサゴン」から誕生したアイドルユニットのPabo。

里田まいさん、木下優樹菜さん、スザンヌさんの3人で結成されたユニットですが、Paboとは韓国語で「おばかさん」を意味しています。

ヤンキー封印でめっちゃかわいいアイドルをしています!

今回の騒動について有吉さんが予言していたと言う事も話題となりましたが、2007年にPaboとして歌手デビューしましたが、時を経て本当におばかさんな事をしてしまいました。

もしかしたら、芸能界を引退した島田紳助さんも今回の騒動を予言をしていたのかも?と思ってしまいますね。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「木下優樹菜(31)タピオカ騒動の芸能界休止が12年前に予言されていた?