自称少年革命家のyoutuberゆたぼん君がyoutubeに自分の思想を映し、編集(自分でしてるのかな?)して投稿していたりする間、普通の小学生は小学校に登校し、勉強したり、友達を作ったりしているわけですが、本人の価値観や行動は自由ですので(自由には責任が伴う云々は置いといて)全くの部外者である僕は特に正否は問わないわけですが、そんな中、ゆたぼん君の同級生と言う子が、常識的に見れば「正論」をぶちかます動画が話題になっていました

「先生は僕らのために宿題をやりなと言っている」「色んな事に挑戦するのなら、まず学校に行く事に挑戦しよう」という、義務教育というものとは...?と大人も考えさせられる問題を、同級生ならではの目線で投稿していました。

Twitterの反応

小学生は小学生なりに沢山考えているんですもんね。「考える」ということ自体は間違いなく素晴らしいことです。

僕が小中学生の時はそんな事考えもしなかったし、なんなら「友達と会えて楽しいから」くらいの考えで毎日いってたと思う。そう考えるとすごいな、と思います。

これは他の方のリプライで書いてありましたが、小学生はそもそも親の承諾なしにアカウントを作ってはいけないそうです。親がやらせてるのでは?と思った方が低評価をおしたのか、それとも単に規約違反だと思ったのか...?

少年革命家と自称するゆたぼん君は、実際に義務教育の価値や義務に対して当事者である小中学生が考えるきっかけを作ったという点では、革命を起こしたといえるのではないでしょうか。この子も彼がいなければ動画は出していないのだろうし...

ちなみに非常にどうでも良い事ですが、ゆたぽんじゃなく、濁音のゆたぼんなんですね。知らなかった。

画像掲載元:いらすとや

実際の動画がこちら

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ド正論にも程がある!小学生youtuberゆたぼん君に同級生がyoutubeで熱い想いを伝える!