両手を広げ前のめりになる独特のポーズと「お寿司と言えば!」というシンプルイズベストなキャッチフレーズでお馴染みの「すしざんまい」。この店名のざんまい(三昧)、という言葉には語源があるらしく、その語源が人気漫画「鬼滅の刃」とのすさまじい関連性があると見出したツイートが話題になっておりました。

ざんまいの語源

ざんまい、というのはサンスクリットの音訳であり、瞑想において精神集中が深まりきった状態の事を指すそうです。となると、すしざんまいは語源的には「すしに全集中」という意味合いになるそうです。

三昧、出典元:http://yain.jp/i/%E4%B8%89%E6%98%A7

全集中と言えば

鬼滅の刃に登場する身体活性の「全集中の呼吸」という呼吸法があるのですが、という事はつまり木村清社長は呼吸法の使い手であり、なんならあのポーズも社長なりの戦いのポーズなのかも。そう考えついた筆者はさらに調査を進めていった。すると...

あの有名な宇宙の帝王とも酷似したポーズ

戦闘力が第一段階で53万ある宇宙の帝王、フリーザ様の戦う前のポーズに酷似しているのだ。おそろしい事実に辿り着いてしまい、パンドラの箱を開けてしまったかのような緊張感が体を襲い、記事にしても良いのだろうか?と一抹の不安がよぎる。

すしざんまい社長には非常に歌の上手い影武者もいるとの噂もあり、さらなる調査を続けていくつもりだ。しかしうかつにこの記事の事実は他言しない方が身のためかもしれない。信じるか信じないかはあなた次第です...

画像掲載元:秒刊サンデー

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「鬼滅の刃とすしざんまいの意外すぎる共通点が発覚し話題に