案の定、といいますかこの非常に危険で、近寄りがたいウイルス「新型コロナウイルス」を使ったネタが海外のSNSで流行してしまっているようです。以前は、アイスバケツチャレンジ・コンセントチャレンジ・ダンスチャレンジなど様々なジャンルのチャレンジネタがバズりましたが、今回はなんとそんなウイルスを使ったチャレンジです。

コロナウイルスチャレンジとは

今回話題となっているのは「コロナウイルスチャレンジ」。読んで字の如し、まさしくコロナウイルスを使ったチャレンジネタということになり非常にリスクしか無い無謀なチャレンジネタであります。

しかも挑戦しているのは、海外の超人気インフルエンサーAva Louise(22歳)さんで、彼女はあろうことかトイレの「便座」を舐めるというありえない行為に及んでおります。

コロナウイルスはおろか、大腸菌など様々なウイルスが付着している恐れのある便座。このまま無害で終わるはずがなさそうではあります。

このチャレンジの後、彼女はVサインポーズをとっているのですが、やはりインフルエンサー、この動画が200万回以上の再生がされているようです。

案の定、このような行為は反発を呼び、彼女に怒涛のクレームが寄せられているようです。チャレンジネタとはいえ、現在最もチャレンジしてはいけない、ナーバスなネタであると考えられます。

納棺師のツイートも怖いと話題ですが

今回は承知の上でチャレンジした彼女は、ある意味チャレンジャーなのかもしれませんが、皮肉にも動画はまだまだ拡散しております。まるでウイルスのように。

掲載元
https://www.dailystar.co.uk/news/world-news/coronavirus-tiktok-challenge-sees-blonde-21698235

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「Tiktokでコロナウイルスチャレンジという無謀過ぎるネタが流行してしまう