2019年10月1日からいよいよ消費税が8%から10%に増税します。軽減税率が適用されると言う事で、消費者からするとなかなか難しく慣れるまでに時間がかかりそうです。しかし明らかに消費税が10%に移行する物は増税前に買い物をしてしまおう!と言う事でまるで来日した中国人旅行客よろしく、爆買いしている人達が多くいるようです。

増税前に駆け込み購入!

10月1日の消費増税を控えて関西でも駆け込み需要が起きている。トイレットペーパーなどの日用品を求める消費者が目立つ。

引用 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50340170Y9A920C1AM1000/

軽減税率が適用される品目は、国税庁によると「酒・外食を覗く飲料食品」と「週2回以上発酵される新聞(定期購読契約に基づくもの)」のみとなっています。

日常生活に必要な日用品は軽減税率対象外ということで、今後も必ず必要になる物を増税前最後の週末に大量購入、爆買いする消費者の姿が日本全国で見られました。

日用品だけでなく、趣味に費やす人も。

「今日は9月最後だから爆買いしなきゃ!」「爆買いしたけど後悔はない。」「今日は化粧品と香水とBluetoothイヤホン買った」「明日からは食料品しか買わない」「爆買いの仕方が富裕層の中国人レベル」とネット上ではコメントも。

消費税が10%に増税した後は買い控えが起こりそうで日本の経済が冷え込まないか心配になってしまいますが、

増税前のセールし文句がホントそれ!というツッコミも話題となったように、消費者が選択して賢く購入する事も大事なのではないでしょうか。

画像掲載元 いらすとや

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「消費税10%増税前の駆け込み購入がヤバい!中国人富裕層の爆買いレベルと話題に。