ディズニーが大好きな人達のことを総称してDオタ、Dヲタと呼ばれています。キャラオタ、ショーパレオタ、ダンオタ、フェイスオタなど様々なオタクがいるわけですが、やはり欠かせないのはカメラではないでしょうか。彼らのカメラスキルの技術の高さには頭が下がる思いです。

プロ並みの撮影スキル

ディズニーパークでは、三脚が使えないため、写真や動画を撮るときにどうしても手ぶれが出てきてしまい、お気に入りの写真を撮るのにかなりの時間を要したり凄い変な格好で写真を撮ったりしています。

こちらのツイート主さんも、変な体勢でカメラを固定してこのような素晴らしい写真を撮ることに成功しています!

変な体勢をとり続けることで、変な部分な筋肉が発達して女性でも華奢なのに腕や肩だけは筋肉マッチョというカメラオタクの人も少なくありません。

キツい体勢でも、こんなに綺麗な写真が撮れると大満足!

そしてこれらの綺麗な写真を見る事が出来た人達も大満足!

みんながWin-Winになれますね。

ネット上の反応

インスタ映えのためにマナーを無視しているゲストも一部でいるようですが、写真を撮る時はマナーを守って楽しく撮影するといいですね。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「三脚使えないディズニーで変な体勢で写真を撮った結果!→ドヤッ!