交際相手の女性に対し痴漢を行ったとされる男性が、ツイッター上で謝罪させられている動画が拡散し話題を呼んでおります。痴漢したとされる男性は49歳で既婚者なのだということです。動画では「みっともない、一番幸せにすべき家族を不幸にした」と問い詰められております。しかし、これをうけて、ネットでは「私刑ではないのか」と物議を醸しております。

痴漢したとされる男性が行った行動

現状では痴漢を行ったとされる男性の物的証拠が無いので、判断はつかないが、SNSだけでなくYouTubeにも動画を公開しております。またその様子を以下のようにコメントしております。

駅のホームで酔い潰れた彼女を気遣いお水を下さった方でした。その時はとんとんと彼女に触れる程度で励ましている様子でしたが何度も彼女の隣に座り込んでは席を立ち、これを幾度と繰り返し必要以上にお尻や身体を触っていて彼女自身痴漢されたと認識しておりました。

※:引用YouTubeコメントより

つまり、酔いつぶれてしまった女性を介抱していたが、いつのまにか必要以上に体を触ってしまったことに気づいたこの男性は、いかがなものかと問い詰めるという事態となったようです。

痴漢したとされる男性は、ただひたすら謝罪をさせられ、免許証等を公開されてしまっております。

ネットでは賛否両論

ネットではこの行為には賛否両論のようです

お前のやっていることも犯罪
警察がやることで貴方のやっていることは痴漢以下
名誉毀損、恐喝罪で逆に訴えられますよ。
こんな学のなさそうな説教久しぶりに聞いたわ
グッジョブよくやった
投稿者がやってることは私刑。

果たして今後このような問題は増えていくのでしょうか。そしてSNSなどに問題行為を行った方を晒すという行為は「犯罪」となりうるのでしょうか。

女子高生がパンツ見せながら『痴漢撲滅運動』する画像が以前話題となりましたが

結局何が本当で何が嘘なのか。それはなかなか判断が難しい。
本件まだまだ今後も物議を醸しそうです。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「痴漢者をツイッター上で公開処刑!私刑だとネットで物議を醸す