人間は日々病気と戦っております。一見ものすごい健康体のように見えても、実は無数のウイルスが体内に入り込んで、抗体がそのウイルスを撃退。しかし負けてしまうと全身がウイルスに侵されてしまい命の危機となります。そんな厄介者はウイルスだけではなく、こちらの虫も同じです。

全身がサナダムシだらけになってしまった男性

こちらの男性は中国東部杭州出身の43歳の男性の症状です。彼は継続的な頭痛と発作を訴え、病院にかけつけたところ、全身になんと700匹以上のサナダムシがいることが判明してしまいました。

この手のサナダムシが人間の体内に入り込むことは中国ではよくあることで、通常加熱処理が不十分なものを口に入れ全身に感染する恐れがあり、この男性は案の定あるものを口にしていたということです。

それは、豚肉だそうです。

つまり、加熱されていない生の豚肉をそのまま食べた結果、豚肉にサナダムシの卵が付着しており、それを口に入れた男性の体内で大繁殖。このような結果になったそうです。中には肺や脳内にもサナダムシがいたということです。

別件で脳内に大量にサナダムシが湧いた案件もありましたが中国恐るべし。

男性は「そういえば、生の状態の豚肉鍋をたべたかもしれない」と話しているそうで、幸いにも下剤と薬だけで治療したそうです。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/world-news/man-found-700-tapeworms-brain-20923115

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「全身700匹に及ぶサナダムシに蝕まれた男性が食べたモノが意外過ぎる