一昨日、安倍首相が記者会見を行い、「予定通り、無事開催したい」と決意を新たに、意欲的な姿勢を見せたことで、日本国内のみならず、海外からも大きな反響があったようです。そもそもこのコロナの問題で混乱している中、果たしてできるのか。日本だけの問題ではなく、海外が平静を保つことができるのか、様々な意見があるようです。

海外でも報じられる「オリンピック開催」

安倍総理は、3月14日の記者会見で

「26日には福島を訪れ、聖火リレーのスタートに立ち会いたい。IOCとWHOは緊密な連携のもと注視しているので、我々も緊密に連携を取っていく」。「予定通り、無事開催したいと考えている」

と説明。これには国民は驚かされたのですが、この状況を踏まえると、そのように発言しなければならない状況であることは、誰もが察しがつき、周りの空気を読むという日本の文化・風習にあえてまともに突っ込まない人は多いでしょう。

そんな日本の文化を知らない海外の人から見れば、かなり異様のようで様々な意見があるようです。

が、がんばって。。。

し、しんじられない・・・

狂っていやがるぜ・・・。

様々な意見があるようですが、ほとんどの方が「信じられない・・・」と他人事のようです。よく考えてください。オリンピックは日本の行事ではなく国際的な事業。日本でやるというだけであり、世界的なスポーツイベントです。

それを既に他人事のように扱うということはつまり、あまり関わりたくない。そんな意気込みを感じざるを得ません。

既に予選などが次々と中止、そしてコロナショックの影響で出場できる選手がまだ決まらないという国もありますが、はたしてこの決断はいつくだされるのか。

画像掲載元:秒刊SUNDAY

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「安倍首相がオリンピックを実施すると発言した際の海外の反応が凄い