寿司屋に行ったら、タコを食べたり、酒のつまみに、大阪ではたこ焼きを食べたり・・・といった具合に我々とタコは割と密接な関係となっております。日本人といえばタコを食べるということで有名なのですが、今回紹介する映像はある意味そんな状況を覆してしまうとんでもない事実なのかもしれません。ということでタコが大好きな日本人にとって衝撃的です。

タコは夢を見るのかもしれない。

ということで今回はタコが夢を見るのではないかという信じられない研究です。夢見るというのは、我々人間と同じように、睡眠時に脳内が活性化し、現実とは違ったパラレルワールドで生活をするということですが、イヌやネコならまだしも、タコが夢を見るというのは衝撃的です。

今回紹介するビデオでは、タコの体が眠っているのに変化するというものです。通常、威嚇やら攻撃をする際にカモフラージュのために、タコは体が変化するのですが、眠っている際に変化するというのは驚きだということです。

ということで映像を御覧ください。

この映像は、アラスカパシフィック大学の海洋生物学者デイヴィッドシールによって公開されたタコの「ハイジ」の映像です。

生物学者シールいわく「彼女が夢を見ているなら、これは劇的な瞬間」とのことです。

彼女は、夢の中でカニを見つけ、カモフラージュして食べようとしているのかもしれないとのこと。通常タコは、狩をしている時でないと色が変化しない、眠っているときに変化するということは、何かしら脳内で狩りをしていると考えているのではないかということです。

タコは割と頭のいい動物として知られ、ビンの蓋をいともかんたんに開けてしまうという能力の持ち主。

それを考えると、タコをとって食べるなんて・・・と思いつつも美味しいので夢を見るタコをむしろ食べてみたい気もします。

掲載元
https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-7504659/Video-Octopus-changing-color-sleep-prove-creatures-dreams-scientists-say.html

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「今後タコを一切食べられなくなる衝撃的な映像が全世界で話題に