我々庶民の味方であり続ける牛丼チェーン「松屋」ですが、低価格だけではなくお値段以上の美味さも魅力です。そんな「松屋」が大人気メニュー「オリジナルカレー」を終売するということになり全国の松屋カレーファンが悲しみに暮れているのですが、これが「辞める辞める詐欺」ではないかと話題になっています。

12月1日から「オリジナルカレー」順次終売!

まさに大事件です!あの「松屋」が突如大人気メニュー「オリジナルカレー」を12月1日より順次終売すると発表しました。あまりに突然の発表に正直驚きを隠し切れませんが残された期間はあとわずか、本当にあのシャバシャバカレーの最高峰と言えるスパイスの効いた極上カレー(並盛390円)がこの世から消え去ってしまうのでしょうか。

これは辞める辞める詐欺ではないのだろうか?

ネット上では「オリジナルカレー」が無くなってしまう悲しみと同時に、リニューアル商法なのではないかという声が出始めています。あまりにも急な発表なので疑いたくなる気持ちも本当によくわかります。

そして今回の終売を受けて、辞める辞める詐欺の代名詞となってしまっているカップラーメンの「ラ王」を思い出す人が続出しています。2010年に日清が突如「ラ王」の販売終了を宣言、「ラ王追湯式典」としたHPまで開設して盛り上げた直後に「新ラ王」を発表して大バッシングを受けた記憶が残っている人がたくさんいるようですね。

リニューアルなのかそれとも完全に終売なのか今のところは謎に包まれていますが、いずれにしても「オリジナルカレー」を堪能できるのはあとわずかですので、なくなる前に足を運んでみてはいかがでしょうか。

消費税増税後もお値段据え置きの松屋ですが、これからも庶民の味方でいてくれることを信じています。

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「松屋カレー終売は辞める辞める詐欺の炎上商法じゃないかと話題に