皆さんも日常生活の中で1つくらいは嫌いなものがあるんじゃないでしょうか。しかし、それを口に出してしまうと、中々共感を得られなかったりして結果的に言わない方が良かったと後悔することもあると思います。今回は炎上覚悟で嫌いなものを言ってみた結果、上位を占めたものがホントそれだと共感を集めています。

炎上覚悟で嫌いなものを言う

携帯会社のCMが嫌いだという投稿が話題になっています。そもそも「ギガが無い」と言うデータ容量を言い換えた表現そのものが嫌いという声や、ありがちな替え歌のセンスを問う投稿が多くみられます。

映画館内で流れるCMが嫌いだという投稿が話題なっています。そもそも上映時間なのに席を立って物を買いにくことを推奨するように見えるという表現が気になる人が多いようです。映画に集中するためにもあまり騒がしい状況を推奨することは控えてほしいようですね。

動画サイトで流れるCMが嫌いだという投稿が話題になっています。ただのPR動画なら話題にならなかったかもしれないですが、どこか胡散臭さを感じさせる内容が良くなかったようです。実際にこの広告がきっかけで何かを購入した方はいるんでしょうか。

ネットの反応

話題にはならずともCMが嫌いという投稿は目立っています。万人に好まれる表現は難しいかもしれませんが、今回の話題が届いて新たな表現方法が採用されていくと良いですね。

炎上といえば、沢尻エリカさんが逮捕されたことで忘れられた黒歴史が再炎上して話題になりました。

画像掲載元:いらすとや

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「炎上覚悟で嫌いなものを言った結果上位がホントそれだと話題に