計算づくの公式同士のプロレスだったのか?それとも天然VS天然のぶつかり合いで生じた奇跡だったのか?今となっては真相は闇の中ですが、とにもかくにも移植のコラボがとんでもない形で実現したことは確か!事の発端の間違いから、いまだ人気が根強いトヨタ車スープラお得意の「電光石火」のコラボレーションまでの道のりが話題に!

ポテトチップ系のお菓子が有名なコイケヤさんが、まずはこちらのツイート。

トヨタさんがコイケヤさんに指摘。

スープラという車は、2002年に生産終了したにもかかわらず、人気が衰えなかったため17年の時を経て復活した車だそうです。たしかに速そう(小並感)

コイケヤさんは響きと車のカッコよさが気に入った模様

そんな事をやっていたら...

本当に実現しちゃったみたいです。これは凄い話過ぎる!

決まってからも滅茶苦茶早かった!流石は一流企業同士。業種は全く違えど、すぐに実現してしまうあたりがカッコいい。

一流は一流を知る。ということなのでしょうか。以前葛飾北斎とミッフィーという異色のコラボもありましたが、やはりそれも一流と一流...!なんにせよ、異色のコラボというものはワクワクしますね。

楽しみに発売を待ちましょう!

画像掲載元:ぱくたそ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「まさかの「スペル間違い」からトヨタとコイケヤの異色コラボがスピード商談成立!