本日12月3日はとても重要な節目の日でした。案外気づかれない方も多いでしょうが、なんとあの伝説の「初カキコ...ども...」から丸10年たったというのだ。コピペにもなり何度も繰り返し見てきたこの文章ですが、10年たった今も褪せることなく痛々しいままで本当に凄いなと思います。

もし、本人が本当にあの日中3なら現在25歳。

あの伝説の書き込み「初カキコ...ども...」という衝撃的挨拶から10年。もしも本当にあの書き込みの主が当時中三であれば、25歳と成人していることになる。今は何をしているのか、神のようなあの中二っぷりは健在なのだろうか?と10年ぶりに注目が集まっていた、そんなTLにまさかの...

本人?降臨

こちらの投稿者さんが、あの伝説の書き込みの事を「自分が」書き込んで...と言っていいるので、真意はわかりませんが彼が例の「初カキコ」の人だという!しかし、この方の投稿が正しいのであれば、あれは30年前の「りぼん」のノリらしく、おそらく本当に心の底からの中二病患者ではないという事になってしまいます。それはそれでとても残念...!

twitterの反応

10年もの月日が流れてしまった今、あの書き込みが真実か、そしてTwitterに現れた彼が本当に初カキコ...の起源かどうかはもうわかりません。

あの「初カキコ...」の元ネタの作品名はわからないけど、星の瞳のシルエット(ジブリでアニメ化された耳をすませば、猫の恩返しの作者柊あおいの初期作品)が連載していたころのりぼん作品にでてきたヤンキーっぽいけどかっこいい転校生を元にあのキャラクターは作られたとの事。

もう一人の投稿者さんが「ベイビーおてやわらかに」という読みきり作品では?と指摘していますが、時がたちすぎているせいか、検証は難しい様子。

このコピペですらもう古くなってしまっているのだから、吉野家コピペが分かられないのも無理はない。もうあんな面白い書き込みは見られないのだろうか?

画像掲載元:ぱくたそ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「伝説の厨二病初カキコ・・・ども、の作者を名乗る人物が10年越しに登場しネット騒然