22
ハリーポッターで紅一点の女優といえばご存知ハーマイオニー役の「エマ・ワトソン」さんでして、彼女はハリーポッターだけでなく、その後様々なハリウッド映画に出演、特に昨年はディズニーアニメ「美女と野獣」の実写版で大きな話題を呼んでおりました。そんな彼女が行なったタトゥに海外がざわついております。
ーTIMES UP
ということでオスカーにも登場したエマ・ワトソンさん。腕にはちょっと目立ち過ぎなんじゃないかというぐらいのタトゥを入れてらっしゃいます。その文言は「TIMES UP」。ということです。これは直訳すると「時間切れ」と言うことになりますが、別の意味で最近ハリウッド女優などが、セクハラや差別、虐待などを黙殺するのをやめようというメッセージが込められております。

エマ・ワトソンさんはその「TIME'S UP」の意味を込めてタトゥを入れたようです。

#TIMESUPさん(@timesupnow)がシェアした投稿 -


しかし、残念なことにこのタトゥよーく見ると・・・
「TIME'S UP」ではなく「TIMES UP」となってしまい「’(アポストロフィー)」が抜けているのです。

いわゆるスペルミスと言うやつですが、えっ!海外の人でも英語のスペル間違えるの?と思うのかもしれません。

しかしよく考えてください。
我々日本人も当たり前のように「漢字」を間違えます。日本人だから漢字間違えないよね。と言うのは全くありえない話ということと同じく、海外の人もスペルを間違えるようです。

もっとも漢字やスペルどころか、人の名前すら覚えることの出来ない筆者にとって、人のことは全く言えたものではございませんが。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-5462693/Oscars-Emma-Watson-debuts-HUGE-new-Times-tattoo.html


(秒刊サンデー:たまちゃん

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ハリポタのハーマイオニー、自身のタトゥにとんでもないミスをしてしまう