wp0717
未だ進路の定まらない、就職困難な学生のような状況となっている「台風5号」ですが、いよいよ日本に接近し、その後日本に上陸する可能性も出てきます。今後は進路を北西に変えながら徐々に近づいてくるという予測となっております。もしこのまま、北上を続ければ近畿・四国あたりが上陸ポイントとなる可能性もあります。
ー今後の進路
15
現在は、父島の南約150kmにあり、中心気圧 980hPaで、中心付近の最大風速 30m/sの風が吹いております。日本の気象庁の予報では南に進路を向けるようなところまでとなっております。しかし、JTWC(アメリカ海軍)の気象予測によるとその後、北西に進路を変えるような予測となっております。このまま北上していけば間違いなくその先にあるのは日本列島です。
wp0717
日本に接近するだけでなく、小笠原諸島などに影響も出てくるでしょう。
この動きは2016年の台風10号と似た動きとなっております。

15
(画像:気象庁)

この台風の影響で、東北や北海道に300ミリを超えるような雨量を記録するなど、大きな被害が出ております。

果たして今回の5号も同じような進路をとるのでしょうか。

掲載元
http://www.jma.go.jp/jp/typh/170524.html

(秒刊サンデー:たまちゃん)

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「【注意】台風5号急旋回!凄い進路で日本に上陸!?昨年の台風10号に近い動き