9月22日のNY為替概況

9月22日のNY為替概況
22日のニューヨーク外為市場でドル・円は140円36銭まで下落後、142円30銭まで反発し、引けた。日本政府・日銀が正式にドル売り・円買い介入を行ったと発表し円の買戻しが加速した。その後発表された米国の週次新規失業保険申請件数が予想を下回り労働市場のひっ迫の証拠となり今後の大幅利上げを正当化。長期金...
    Loading...