日本における多施設共同研究で、Impella治療を受けた心筋炎による心原性ショック患者の30日生存率が77%を達成

日本における多施設共同研究で、Impella治療を受けた心筋炎による心原性ショック患者の30日生存率が77%を達成
米マサチューセッツ州ボストン---(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アビオメッド(ABMD)は、日本の109施設でImpellaによる治療を受けた患者を対象とした3年間の医師主導研究の結果、心筋炎による心原性ショック患者の30日生存率が77%であることを発表しました。本試験...
    Loading...