うつぶせ寝死亡、二審も施設側敗訴=5300万円賠償命令―東京高裁

うつぶせ寝死亡、二審も施設側敗訴=5300万円賠償命令―東京高裁
 水戸市の認可外保育施設「ひょうたん島」で2016年、生後7カ月の女児が死亡したのは施設がうつぶせ寝を放置したことが原因だったとして、母親が元施設長の男性に約6500万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が9日、東京高裁であった。岩井伸晃裁判長は、過失を認めて約5300万円の支払いを命じた一審水戸地...
    Loading...