サンマの資源管理を話し合う北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合が23日、開幕した。日本は深刻な不漁を受けて漁獲枠削減を提案し、資源保護の徹底を図りたい考え。これまで規制強化に慎重だった中国や台湾も昨年は不漁に悩まされており、同意する可能性がある。  NPFCは日中台、ロシアなど8カ国・地域が加盟。会合はオンライン形式で開かれ、25日に終了する予定。 【時事通信社】

情報提供元:時事通信社
記事名:「サンマ漁獲枠削減を協議=不漁受け中台同意も―国際会議開幕