yahoo

豚肉?牛肉?鶏肉?地域で変わる「カレー」の常識とは【日本東西・食文化対決】

2022.07.05 15:40
rss TABIZINE
旅行
コメントする

東西南北に国土が広がる日本では、西日本と東日本とでその「食文化に違いがある」こともよく注目されますよね。それぞれの地域で違う常識を味わうのも、旅の醍醐味と感じている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、「カレー」について研究してみました。

■あわせて読みたい
  • 【特集・こんなに違う日本の文化】知らないと恥をかく!?うどんの出汁も行事・習慣も別世界!
  •  

    好きな食べ物ランキング1位にも輝く「カレー」

    カレーは子どもから大人まで幅広い年代に愛されている人気料理。好きな食べ物ランキングで1位に輝くことも多く、もはや日本の国民食といっても過言ではありません。
    肉と野菜を煮込み、ルーを溶かすだけで簡単につくれるというのも人気の理由のひとつ。難しい工程もなく、間違いのないおいしさに仕上がるため、初めてつくった料理がカレーだったという人も多いのではないでしょうか。
    そんな家庭料理の定番でもあるカレーですが、使用する肉は、地域によって異なるようです。

    カレーといえば豚肉?牛肉?鶏肉?

    関東でカレーに使う肉といえば「豚肉」が定番。しかし、関西人にしてみると「それはポークカレーや」と鋭いツッコミを入れずにはいられないのだとか(笑)。
    関西で「今日はカレーやで」と言えば、牛肉を使ったカレーのことを指します。わざわざ「ビーフカレー」と言わなくても、牛肉を使ったカレーであることは暗黙の了解で伝わります。
    ときには牛肉以外の肉でカレーを作ることもありますが、その際は、例えば鶏肉なら「チキンカレー」、豚肉なら「ポークカレー」と呼ぶのが一般的なのだとか。
    一方、九州ではカレーに「鶏肉」を使うことが多いです。九州は全国的にみても鶏肉の消費量が突出しており、福岡の水炊きや宮崎のチキン南蛮、大分のとり天などの郷土料理にも鶏肉のメニューが目立ちます。鶏肉の一大産地でもある九州では、新鮮で安価に入手しやすい鶏肉をカレーに使うことが多いのも頷けますね。

    使う肉を尋ねると出身地がわかる?!

    (C) Yellow Cat / Shutterstock.com
    カレーに使う肉といえば?」と質問すると、関東出身者なら「豚肉」、関西出身者なら「牛肉」、九州出身者なら「鶏肉」という答えが返ってくるかもしれません。カレーの肉で出身地の検討がつくなんて、なんだかちょっと面白いですね。
    地方を旅したときは、ご当地グルメやその土地の特産品を使ったメニューが食べたくなりますが、あえてカレーを選択してみるのもおすすめです。
    自分が当たり前と思っていた食への常識が、ガラリと崩れるのを体験できるかも!? そんなカルチャーショックも絶妙なスパイスとなって、旅先で食べるカレーがさらに味わい深く感じられそうですね!
    参考:
  • ハウス食品
  • \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間