旅好きの皆さんの中には、「1日中ずっと地図を眺めていられる」なんて言う人も多いかもしれません。遠い地の景色を思い描きながらの卓上トリップも素敵ですよね! そこでここでは、そんな地図好きさんのために「地図記号クイズ」を連載でお届けします。2万5千分の1の地形図には、全部で134種類の地図記号が設定されているそう。よく知っている記号から、「はじめて見たかも」なレア記号もあるかもしれませんね!

今日の地図記号は「ヤシ科樹林」



今日の地図記号の正解は、「ヤシ科樹林」でした! よーく見ると、ヤシの木を横から見た時の姿に見えてきませんか?

ヤシの木の姿が記号になったこの地図記号は、ヤシ科植物(フェニックス、シュロ、ナツメヤシなど)や、大型のシダ植物(ヘゴなど)、大型の熱帯植物(タコノキ、ガジュマルなど)が生えているところをあらわします。

(C)Shutterstock.com

ヤシは、ヤシ科に属する木の総称。熱帯地方を中心に亜熱帯から温帯にかけて広く分布しています。

約200属、3000種ほどが知られていて、油脂(ココヤシ、アブラヤシ)、デンプン(サゴヤシ)、砂糖(サトウヤシ)などの原料に使用されたり、ダイオーヤシのような街路樹や、カナリーヤシやシュロチクのように観賞用としても親しまれている樹木です。

番号:91
名称:ヤシ科樹林
適用:ヤシ科樹林は、ヤシ科植物(フェニックス、シュロ、ナツメヤシ等)、大型のシダ植物(ヘゴ等)、大型の熱帯植物(タコノキ、ガジュマル等)密生している地域に適用する。
参考:国土地理院 https://www.gsi.go.jp/top.html
■あわせて読みたい

【地図記号クイズ】遠くから見えて目印にもなる「〇〇」
【地図記号クイズ】木のように見えて違う!?争いごとを解決する「〇〇所」
【地図記号クイズ】山地だらけの日本で欠かせない「〇〇〇〇」とは?

情報提供元 : TABIZINE
記事名:「 【地図記号クイズ】リゾートな旅先に多いかも!?「〇〇科樹林」