日々進化を続ける「東京駅」。駅構内&周辺には多くのグルメ店が集結していて、いつも私たちをわくわくさせてくれますよね。とはいえ、「どのお店がいいか選べない」なんていううれしい悩みも……!? そこでこの特集では、東京駅の最新おすすめランチを紹介! 今回は、2022年4月にリニューアル開業した「グランスタ八重北」から、食の雑誌『dancyu』が初めてプロデュースした飲食店「dancyu食堂」のメニューや営業時間、特徴などを紹介します。
東京駅
【最新情報ギュッと凝縮】東京駅のグルメ&お土産はこちらでチェック!
 

東京駅「グランスタ八重北」とは?


グランスタ八重北
JR東京駅構内・八重洲北口の改札外にある飲食店街が「グランスタ八重北」です。これまで17年間「グラングルメ」として親しまれていたエリアを、2022年4月にリニューアル開業! 地下1階「黒塀横丁」、1階「八重北食堂」、2階「北町酒場」の3フロアからなる新たな施設が生まれたのです。

黒塀横丁
特別感が味わえるシックなデザインの「黒塀横丁」

八重北食堂
木の温かみのある開放的な「八重北食堂」

グランスタ八重北では、まずは2022年4月27日(水)に13ショップがオープンし、5月に1ショップ、その後も9月から順次22ショップが新たにオープンする予定とされています。既存の2階「北町酒場」などの9ショップと合わせて全45ショップが集う、東京駅グルメの巨大な中心地として展開されるのです。


dancyu食堂とは?場所は?


グランスタ八重北・黒塀横丁に第一弾開業店として名を連ねたのが、今回紹介する「dancyu食堂」です。

dancyu食堂
食の雑誌『dancyu(ダンチュウ)』がプロデュースする初の食堂として、今回グランスタ八重北に出店。ランチでは、毎日食べたくなるような定食が用意され、午後の仕事に向けたエネルギーチャージができそう。今後は、雑誌と連動したイベントも開催する予定です。

dancyu食堂地図
dancyu食堂は、グランスタ八重北・八重北食堂の八重洲北口改札側(地図の5番の場所)に店舗を構えています。落ち着いた照明の店内は、カウンターの着席18席のほかに、最大7名が利用できる立ち飲みカウンターというレイアウト。

【dancyu食堂】
場所:グランスタ八重北・八重北食堂
営業時間:11:00~22:00(L.O.定食・一品料理21:00/ドリンク・小鉢21:30)
電話番号:03-6810-0525
※2022月4月下旬現在は、営業時間が変更されていることもあります

dancyu食堂の「おすすめランチ」2選


ここからは、dancyu食堂でぜひ味わいたいおすすめランチを2品厳選して紹介します。

【おすすめランチ1】生姜焼き定食(1,480円)


生姜焼き定食
千葉県匠味豚を使用した生姜焼き定食。生姜の風味の中に、豚肉と野菜の甘みが感じられる味わいです。気仙沼「ブラックタイドブリューイング」で醸造されたオリジナルビール「生姜焼きのためのペールエール」も楽しめますよ。

生姜焼き定食
1,480円(税込)

【おすすめランチ2】焼売定食(1,100円)


焼売定食
3種類の挽きわけた国産豚で作られた焼売は、肉のゴロゴロ食感が味わえてジューシー。冷めても柔らかく食べられるという肉焼売と、白菜やキャベツなど、優しい甘みがじんわりと感じられる野菜焼売が一皿になった定食。焼売の皮は、品川区・橋爪製麺所にて手作業で作られており、肉のボリュームに負けない厚みがあるのが特徴です。

焼売定食
1,100円(税込)


今回は、2022年4月27日(水)にリニューアルオープンした東京駅八重洲北口(改札外)の飲食店街「グランスタ八重北」に開店する「dancyu食堂」そのメニューと特徴、2品のおすすめランチを詳しく紹介しました。こだわりグルメが集う東京駅、何を食べようか迷ったらぜひ参考にしてみてくださいね!

【随時更新中】東京駅を効率よく楽しむ!グルメ&お土産の最新情報

[Photos by Chika & TABIZINE編集部]

情報提供元 : TABIZINE
記事名:「 【東京駅おすすめランチ特集】食の雑誌がプロデュース「dancyu食堂」