はじめに

フルーツの生産量が日本トップクラスの和歌山県。なかでも湯浅町は醤油発祥の地として有名、海の幸も豊富で、グルメを楽しむ旅にぴったりです。「月刊旅色 2021年12月号」では、初登場の中村ゆりさんが和歌山県・湯浅町をナビゲート。観光名所や絶景スポットもあり、見どころいっぱいの“湯浅のおいしい旅”に出かけます。旅を楽しみながら、地元グルメを食べまくる中村さんのスペシャルムービーも必見です。

Text:旅色編集部 特集「食べて歩いて、歩いて食べて 湯浅のおいしい旅」

特集「食べて歩いて、歩いて食べて 湯浅のおいしい旅」

“湯浅のおいしい旅”の始まりは、まず、古い町並みが残る湯浅町湯浅伝統的建造物群保存地区にある「蔵野米穀店」から。江戸後期に創業した米穀店で、手作り焼もちをいただきます! 毎朝手作りしているため、お餅はとびきりやわらく焼き目はカリカリ。お餅をひと口かじって、にこりと微笑む中村さんが可愛すぎました……。 ほかにも「湯浅美味いもん蔵」で、ふっくらふわふわな釜揚げしらす丼、農家さん渾身のみかんジュース、そして「湯浅ワイナリー」で最近注目度が高まる国産ワインをいただき、おいしいものが盛りだくさんの湯浅町を満喫しました。 2日目は、湯浅で愛され続ける味に出合いに行く

2日目は、湯浅で愛され続ける味に出合いに行く

1日目の旅で湯浅名物をたっぷり味わった中村さん、2日目は地元で愛され続けるお店を訪れました。「角長」では醤油について学びつつお買い物も楽しんで、ランチはペンションのような「レストランドリーム」へ。その日に獲れた魚でメニューが決まる魚介ランチをいただいたら、熊野古道沿いにある「花莚」で地元産のフルーツを使ったパフェを味わいます。「本当においしいものだらけで、幸せでした!」と、中村さんも満面の笑み。「レストランドリーム」でいただいた鯛のお刺身が特に印象的だったようです。

旅の追体験ができるスペシャルムービーもチェック!

「旅は、自分へのご褒美」と語る中村ゆりさん。地元が大阪ということで、思わず関西弁がこぼれる場面もありました。そんな彼女が旅先で見せてくれる楽し気な表情や空気感が詰まったスペシャルムービーを公開中。湯浅町を一緒に旅しているような気分で、ぜひご覧ください。

おわりに

中村ゆりさんのインタビュー全文や、和歌山県湯浅町を旅する様子は月刊旅色12月号にて掲載中。ほかにも、森三中の大島美幸さんにプライベートの旅について聞いた連載や、“和食の神様”とまで称される名匠の揚げた天ぷらに迫る特集も掲載しています。

情報提供元 : 旅色プラス
記事名:「 旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】