AVエアーファイナンス、新たな幹部の任命でシンガポールに拡大

ダブリン--(BUSINESS WIRE)--世界的な商用航空機ローン・サービサーのAVエアーファイナンス・リミテッド(
AVエアーファイナンス
)は本日、キエル・ガルシアがローン・オリジネーション担当上席副社長(APAC)としてAVエアーファイナンスに入社したと発表しました。シンガポールを拠点とするガルシアは今後、アジア太平洋地域での融資機会の調達と顧客関係の開発を担当します。
ガルシアは、航空機・資産ファイナンス分野で17年以上の経験を持っています。AVエアーファイナンスに入社する前は、ガルシアはMUFGに3年間勤務し、直近ではAPACの航空機ファイナンスの副責任者を務めていました。ガルシアは、MUFGがDVBバンクの航空機ファイナンス事業を買収した際にMUFGに移籍し、上席副社長を務めました。MUFGとDVBバンクの両方で、APAC地域の幅広い航空会社とリース会社のお客さまや法域で、ファイナンスリースの調達・組成、リミテッドリコース・オペレーティングリース・ファイナンス、PDP、エンジン・ファイナンス、ウェアハウス・ファシリティーを担当しました。また、それ以前にはフィリピン航空で上級職を経験し、銀行、航空機リース会社、OEMを担当していました。
AVエアーファイナンスのスティーブン・マーフィー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「
私たちは、AVエアーファイナンスのチームにガルシアを迎えられてうれしく思います。ガルシアはアジア市場に対する深い知識を持っています。その知識は、当社が重要な成長市場でプラットフォームと顧客カバレッジを継続して拡大する中で不可欠です。」
AVエアーファイナンスは、2021年6月に経験豊富な業界専門家チームとKKRが設立した世界的な商用航空機ローン・サービサーです。この有担保ローン・サービシング・プラットフォームは、安定した長期資本と数十年に及ぶ商用航空機ローン取引の組成経験を組み合わせ、世界中の商業航空会社のお客さまに創造的で革新的な資金調達ソリューションを提供しています。
AVエアーファイナンス・リミテッドについて
AVエアーファイナンスは、新規・中古の商用航空機・エンジンを担保にすることで、航空会社、リース会社、メーカー、貨物事業者、投資家を対象とする商用航空機向け融資の手配に注力するローン・サービサーです。AVエアーファイナンスは、10億ドル以上の商用航空機ローンのサービシングを行っています。AVエアーファイナンスは、アイルランドのダブリンに本社を置き、ニューヨークとシンガポールにオフィスを構えています。詳細情報については、
  • www.avairfinance.com
  • をご覧ください。
    本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。
    Contacts
    AV AirFinance Limited
    Ciara McGrath
    +353 1 267 8115
  • ciara.mcgrath@avairfinance.com
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...