政府は、外食需要喚起策の「Go To イートキャンペーン」のうち、プレミアム付き食事券の実施期間延長に伴う経費として、2020 年度第3次補正予算案で 515 億円を計上する方針を固めたと時事通信が報じた。

プレミアム食事券については、利用期限は 2021 年 3 月を予定していたが、追加発行した上で、2020 年 6 月末まで延長。これまでは、1万円分の購入で 25% のプレミアムが付き 1 万 2500 円分の食事ができたが、この上乗せ率は引き下げる。

食事券は、新潟県で 10 月 5 日から販売及び利用がスタートしたのを皮切りに、既に全 47 都道府県でスタートしている。しかし、「第三波」とも呼ばれる新型コロナの感染再拡大を受けて、東京、大阪など 10 都道府県で食事券の販売を一時停止。

北海道、埼玉、東京、大阪の4都道府県では、販売済みの食事券の利用を控えるよう利用者に呼び掛けている。

Go To イートは、25% のプレミアム付き食事券とオンライン飲食予約サイト経由でのポイント還元の 2 つの支援策があるが、ポイント還元については延長しない。ただし、新型コロナの影響で、利用期限は、2021 年 3 月末までに延長されている。

The post Go To イート、食事券延長へ 第3次補正予算案で 515 億円を計上する方針 first appeared on 民泊・ホテルテックメディア Airstair.

情報提供元:Airstair
記事名:「Go To イート、食事券延長へ 第3次補正予算案で 515 億円を計上する方針