野上農相は27日の閣議後記者会見で、飲食需要喚起策の「Go To イートキャンペーン」の食事券事業について、11 月 26 日時点で東京、大阪など 9 都道府県から食事券の新規発行を一時停止するとの連絡があったことを明らかにした。

新規発行を一時停止した都道府県は、北海道、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫。一方で、宮城、岐阜、愛媛などは「停止しない」方針を明らかにしているという。

農林水産省は 11 月 24 日、付与済みポイントと食事券の利用抑制の呼びかけに加えて、食事券の新規発行の一時停止について、各都道府県に対して感染状況を踏まえて検討を要請していた。

付与済みポイントや購入済みの食事券については、一切の利用が禁止されているわけではない。この理由について、「システムとして対応していくのが難しい」と説明した。

野上農相は 11 月 26 日までの数字として「28 都道府県から回答を得ている」と述べ、27 日中に詳細な状況を公表する予定。

The post Go To イートの「食事券」、東京や大阪など9都道府県で新規発行を一時停止 first appeared on 民泊・ホテルテックメディア Airstair.

情報提供元:Airstair
記事名:「Go To イートの「食事券」、東京や大阪など9都道府県で新規発行を一時停止