シンガポール航空(ボーイング737-800型機)

シンガポール航空は、ボーイング737-800型機によるシンガポール〜プーケット線の運航を3月4日より開始する。

シルクエアーとの統合の一環で、ビジネスクラス12席、エコノミークラス150席の計162席を配置した、9機のボーイング737-800型機によって順次、シルクエアーの路線をシンガポール航空に移管していく。

ウェブベースで機内エンターテインメント「KrisWorld」を導入するほか、飲食オプションも充実させるなど、サービスを拡充する。

シンガポール航空(ボーイング737-800型機) 詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空、ボーイング737型機でプーケット就航 シルクエアーと統合で