エアバスは、2020年に566機の民間航空機を、87の顧客に対して納入したことを明らかにした。

内訳は、A220ファミリーを38機、A320ファミリーを446機、A330ファミリーを19機、A350ファミリーを59機、A380を4機。446機がA320neo、13機がA330neo、14機がA350-1000型機だった。

2019年には、A220ファミリーを48機、A320ファミリーを642機、A330ファミリーを53機、A350ファミリーを112機、A380を8機の863機を納入しており、約35%減少した。

受注機材数は383機で、内訳は、A220ファミリーが64機、A320ファミリーが296機、A330ファミリーが2機、A350ファミリーが21機。115機がキャンセルとなったことから、受注残は7,184機となった。

情報提供元:Traicy
記事名:「エアバス、2020年には566機の民間機を納入 受注残は7,184機