全国的に強い寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置となっている。九州北部地方では、10日午前中にかけて平地、山地ともに大雪となるおそれがある。空の便を中心に交通に影響が出るおそれがある。

気象庁によれば、九州北部の上空にこの冬一番の強い寒気が流れ込んでおり、8日夜から9日朝にかけて広い範囲で警報級の大雪となるおそれがある。

山口県を含む九州北部地方では、9日午後6時までの24時間にいずれも多いところで、山地では30センチ、平地では20センチの降雪が予想されている。10日にかけてさらに雪が増える見込み。

気象庁は、九州北部地方以外でも、大雪のおそれがあり、特に北陸地方では警戒が必要としている。

九州北部の交通にも影響が出ており、全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)など、発着する航空会社では、すでに欠航を決めている便がある。高速道路の通行止めの影響で、西日本鉄道など九州島内の高速バスは、8日は多くの便で運休が相次いだ。すでに9日の運休を決めている事業者もある。

高速道路も通行止めの区間が相次いでおり、NEXCO西日本は不要不急の利用を控えるよう呼びかけている。

情報提供元:Traicy
記事名:「九州北部などに大雪警報 高速道路通行止めや欠航相次ぐ