W Osaka

マリオット・インターナショナルは、「W Osaka」を2021年3月16日に開業することを決めた。11月18日から予約受付を開始している。

「W(ダブリュー)」は、マリオット・インターナショナルが展開するブランドのひとつで、1998年にニューヨークで誕生したラグジュアリー・ライフスタイルホテル。日本には初進出となる。

W Osaka

積水ハウスが開発し、安藤忠雄氏がデザインを監修、インテリアデザインはオランダのConcrete Architectural Associatesが担当した。コンセプトは、“泊まるだけのホテルじゃない、クリエイティビティを解き放つ「大人の遊び場」”。デザインは「大阪商人の遊び心」をテーマに、黒を基調として華美な装飾を抑えたミニマルな外観と華やかなインテリアのコントラストで体現した。

W Osaka

地上27階建て、地下1階建て。客室は6階から27階に全337室を設ける。全室に鮮やかな色彩とすっきりとしたラインが印象に残る大胆なデザインをとし、浴室には特注のレインシャワーを設置。床から天井まで一面に広がる窓からは、美しい大阪の街並みを楽しめる。最上階の天井高4.5メートル、200平方メートルの広さを誇るスイートルーム「エクストリームWOWスイート」は、5つの部屋全てから大阪の街並みを一望できる。

W Osaka

この他に、オールデイダイニングやパティスリー、バーエリア、フィットネス、プール、イベントルーム、ミーティングルームも備える計画。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「マリオット、「W Osaka」を来年3月16日開業 「W」は日本初進出