JR東日本とセントラル警備保障は、新幹線内の警備でウェアラブルカメラを活用する実証実験を、11月17日から12月7日まで実施する。

巡回する警備員が胸部にウェアラブルカメラを装着し、異常発生時にはライブ映像を確認しながら遠隔で後方支援を行うことにより、迅速かつ的確な対応を行うことを目的としている。走行する新幹線車内での通信状況や、車内で撮影に適さない場所などの確認を行う。

実験は、東北新幹線・東京〜盛岡駅間、上越新幹線・東京〜新潟駅間、北陸新幹線・東京〜長野駅間の3路線で実施する。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本とセントラル警備保障、新幹線車内警備でウェアラブルカメラ活用 実証実験実施