185系

JR東日本は、2021年春をもって185系車両の定期運用を終了する。

185系は国鉄時代の1981年にデビュー。主に東海道線・高崎線の優等列車や普通列車として運用されていた。現在は東海道線の特急「踊り子」や「湘南ライナー」として定期運用されているが、同社は11月12日、2021年春をもって特急「踊り子」の定期列車をE257系に置き換えることを発表。合わせて「湘南ライナー」を廃止し、新たに同車両を使用した特急「湘南」の運転を開始するとした。

これにより、185系は定期運用が消滅。なお、東海道線の臨時特急については同車両で運転する場合があるとしている。

■関連記事 JR東日本、東海道線特急を刷新 「踊り子」をE257系に統一、「湘南」デビュー

情報提供元:Traicy
記事名:「首都圏最後の国鉄型特急車両 185系、定期運用終了へ