SOKI ATAMI

小田急グループのUDSは、「SOKI ATAMI」を11月1日に開業する。飯田グループホールディングスのグループ会社で、投資用マンションなどを手掛けるリビングコーポレーションが建設した。

「SOKI」は、素の器に由来し、「あるがままの自分を取り戻す、無為自然に過ごす宿」をブランドコンセプトとする。「SOKI ATAMI」は、熱海の「温泉宿」や「湯治」の文化を現代的に再構築し、地域の自然や文化、歴史を感じられる、これからの温泉宿を目指すという。

施設は、レセプション棟、客室棟、レストラン棟からなる。敷地内にある「里庭」では、伊豆半島ならではの柑橘類をはじめ、地域の生活や風土に根付いてきた農作物や植物を栽培し、利用者に提供する。

客室は、全54室で全室温泉付き。「素空間」をテーマに、自然の素材を取り入れて温もりのある空間デザインとしたという。最上階の茶寮では、静岡県内で生産されたお茶や、和漢植物を使ったメニューなどを提供する。テラスからは、年間を通じて開催される熱海湾の海上花火大会を楽しめる。レストランでは、料理長自ら地域をめぐり、その日獲れた魚や野菜など、旬の食材を地元の生産者から直接仕入れる。大浴場も設け、四季の移り変わりを感じられる季節湯などを利用できる。また、湯治の蒸気湯から着想を得たスチームサウナを、女性専用で用意する。

アクセスは、熱海駅から車で約10分。予約販売は9月1日から開始している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「SOKI ATAMI、11月1日開業 全客室温泉付き