日本航空(JAL)と日本電気(NEC)、南紀白浜エアポートは、映像分析や生体認証を活用した実証実験を実施する。

第1弾として、9月4日から南紀白浜空港で笑顔写真撮影サイネージの実証実験を実施。10月末から、第2弾として南紀白浜空港で手荷物待ち時間可視化サイネージ、第3弾として羽田空港初の顔認証による手ぶら決済の実証実験を予定している。

第1弾として実施する笑顔写真撮影サイネージは、搭乗待合室に設置。ディスプレイの前に立つと記念撮影を楽しめるサイネージで、笑顔を採点し、点数に応じて変化するオリジナルのフォトフレームで撮影ができる機能も備える。「IoT おもてなしサービス実証」の登録者は、登録メールアドレスへ写真データを送ることもできる。

第2弾として実施する手荷物待ち時間可視化サイネージは、手荷物受取所に設置した液晶ディスプレイのカメラで個人を認証し、「IoT おもてなしサービス実証」に登録しているJALマイレージバンク会員のステイタス情報に基づき、受託手荷物の返却予定時刻をアニメーションでわかりやすく案内するもの。

第3弾として実施する顔認証による手ぶら決済は、南紀白浜地区で実施している顔認証による手ぶら決済を、JALUXエアポートが運営する「BLUE SKY」の羽田空港22番ゲートショップでも利用できるようにするもの。「IoT おもてなしサービス実証」に登録している決済情報を元に、顔認証で支払いができる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JALやNECら、映像分析や生体認証を活用した実証実験を実施 羽田空港で顔認証の”手ぶら決済”も