7月13日、マツダは製造領域での工場やオフィスのグリーン化推進の一環として、マツダ初となる太陽光発電設備を広島本社工場に導入し、同日から稼働を開始したと発表した。

広島本社工場で生産するすべての「MX-30 EVモデル」のバッテリー充電をまかなう

広島本社工場に設置した太陽光発電設備は、1.1MW の発電能力を有している。同工場で生産するすべての「MX-30 EVモデル」のバッテリー充電をまかなうとともに、工場全体で使用する電力としても供給される。

EV用バッテリー充電設備

マツダは、今後もグリーン電力の積極的な導入と利用促進を行い、2050年のカーボンニュートラル化に向け着実に挑戦を進め、豊かで美しい地球と永続的に共存できる未来を目指していくとしている。

EV用バッテリー充電設備
EV用バッテリー組み付け工程
●マツダ公式WEBサイト

情報提供元 : MotorFan
記事名:「 マツダが広島本社工場に1.1MWの発電能力を持つ太陽光発電設備を導入。製造領域での工場やオフィスのグリーン化推進の一環