Apple CarPlayやAndroid Autoに対応したディスプレイオーディオ ケンウッド DDX5020S 【CAR MONO図鑑】

スマホを車内で安全、快適に利用できるApple CarPlayやAndroid Autoに対応するディスプレイオーディオ。地図アプリを活用すればAV一体型ナビのようにも利用できる。10月上旬より発売。
REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)
問い合わせ:JVCケンウッド
電話:0120-2727-87/0570-010-114
  • ■ケンウッド公式サイト
  • DDX5020S…オープン価格(実勢価格:3万9800円前後/税別)
     2DINサイズボディに6.8インチディスプレイ、DVD/CDプレーヤー、45W×4アンプ、Bluetoothモジュール、USB端子などを搭載したディスプレイオーディオ。
     iPhone接続時にはApple CarPlay、Androidスマホ接続時にはAndroid Autoが利用でき、対応の地図アプリやメッセージアプリ、音楽アプリ、動画アプリなどを内蔵機能のように使用できる。画面への表示はもちろんのこと、音声やタッチパネルによるコントロールも可能だ。Androidスマホの動画コンテンツを再生できるミラーリングにも対応する。使い心地はAV一体型ナビとほとんど変わらない。
     また、単独で利用できる本体側の機能も充実しており、オーディオソースはCD、USBメモリー(MP3/WMA/AAC/WAV/FLAC)、Bluetoothオーディオ、FM/AM(ワイドFM対応)などを備えている。ビジュアルソースは自宅のレコーダーで録画した映像も見られるCPRM対応DVDやUSBメモリー(MPEG1/MPEG2/H.264/MPEG4/WMV/MKV)などに対応している。Bluetoothによるハンズフリー通話もOKだ。
     クリアなサウンドを生み出す24bit DACや、自分好みの音にカスタムできる13バンドイコライザー&タイムアライメントなどによって高音質も存分に楽しめる。。
     ガイド線表示が可能なリアビューカメラ(CMOS-230/CMOS-230W)や、後席で快適な映像視聴ができるリアモニター(LZ-900)を接続可能など拡張性にも優れている。

    Yahoo!で調べてみよう

      Loading...