レクサス、2030年を意識した「LF-30 Electrified」を世界初公開‼︎【東京モーターショー2019】

2019年10月24日(木)〜11月4日(月)まで開催中の「東京モーターショー2019」にて、レクサスは、次世代の電動化戦略「Lexus Electrified」を発表するとともに、EVのコンセプトカー「LF-30 Electrified」を世界初公開した。
 プレスカンファレンスの冒頭、1989年のブランド創業から高級車を提供していたが、2011年の「GS」発表時に記者から受けた「レクサスは退屈」という発言を受けて、再び挑戦することを決意。それ以降、お客様一人一人の五感を刺激することで、驚きと感動の提供を追求していくこと。また、今後は電動化技術を用いて車両の基本性能の向上だけでなく、クルマがもたらす楽しさや喜びを提供していくという想いが語られた。
 それに合わせて、今回、電動化ビジョンの「Lexus Electrified」を象徴するコンセプトカー「LF-30 Electrified」が世界初公開された。
◼️2030年を意識した未来的なモデル
 今回発表された「LF-30 Electrified」は、EVに期待される先進的なイメージをアーティスティックな質感まで昇華した未来的な造形や、自動運転をはじめとする新技術を積極的に織り込んだインテリア、緻密なモーター制御で従来のガソリンエンジン車では不可能な姿勢制御。さらに、人間中心の設計思想に基づくコックピットやステアバイワイヤといった「電動化技術を用いた車両基本性能の大幅な進化」を実現するため、2030年を見据えた先進技術を数多く採用しているという。
 駆動は4輪にそれぞれモーターを組み込み、走行シーンに応じた駆動方式を提供。また、駆動ユニットを小型かつ軽量とすることで、車両パッケージの自由度の拡大にも貢献している。さらに、ワイヤレス充電技術による日々の充電の手間の簡略化やAIによるエネルギーマネジメント、ドローン技術を応用したサポートビークル「Lexus Airporter」(自律制御で玄関からラゲージルームまで荷物を自動運搬)、自動駐車機能や迎車機能といった従来のクルマとは一線を画すパフォーマンスを誇るとのこと。
■2019年11月に初のEV発表を予定
 今回発表した電動化ヴィジョンを踏まえて、LEXUSは電動化技術によって今一度クルマの原点に立ち返り、走りの楽しさを大きく進化させ未来の高級車の在り方を根本から変えていくという。それに伴って、世界各地のニーズやインフラ環境に応じて適材適所で商品開発を進め、2019年11月には初のEVの発表を予定するほか、2020年代前半でPHVやEV専用モデルを投入し、2025年には全車種に電動車を設定して販売比率でガソリンエンジン車を上回るという目標が掲げられた。

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...