starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

マツダ新型「MAZDA 2」は大排気量に!「2リッターエンジン」初搭載で“ホットモデル”に超進化! スポーティな「専用ツインマフラー」標準装備した姿とは


かつては「デミオ」の名で販売されていたマツダのコンパクトカー「MAZDA 2」。国内仕様は1.5リッターエンジンを搭載して扱いやすい出力を発揮することが特徴ですが、世界を見てみると同じMAZDA 2にパワフルな2リッターエンジンを搭載したモデルも発売されています。

コンパクトな「マツダ2」が大排気量化!

 マツダのラインナップするコンパクトカー「MAZDA 2(以下、マツダ2)」は、かつて「デミオ」の名で販売されていた伝統的なモデルです。
 
 同車は2019年7月に車名がマツダ2へと変更されましたが、ボディサイズや搭載するエンジンは一貫してコンパクトかつ小排気量となっており、歴代モデルで見ても1.3リッターおよび1.5リッターエンジンを採用しています。

2.0リッター仕様が追加された「マツダ2」
2.0リッター仕様が追加された「マツダ2」

 しかし実は、海外ではこのマツダ2にパワフルな2リッターエンジンが搭載され、すでに発売していることはあまり知られていません。

【画像】カッコいい! これが2リッター初搭載の「新型マツダ2」です(50枚以上)

 それはメキシコ仕様のマツダ2で、2023年12月22日に発売された新グレードには、先述のように日本仕様では歴代モデルに設定されたことがない2リッターエンジンが搭載されました。

 メキシコ仕様の新型マツダ2のボディサイズは、全長4080mm×全幅1983mm(サイドミラーを含む)×全高1495mm。

 これは日本仕様のマツダ2と同等のコンパクトな車体ですが、最大出力141馬力・最大トルク137lb-ftを発揮する力強い2リッターガソリンエンジンを搭載。

 トランスミッションはマニュアルモード付きの6速ATのみで、駆動方式はFF(前輪駆動)となっています。

 日本仕様のマツダ2において最もパワーのあるエンジンは、モータースポーツベースである「15MB」グレードに搭載された最大出力116馬力を発揮する1.5リッターガソリンエンジン。

 単純計算は出来ないものの、排気量を2リッター化したことで約30%もパワーアップしていることが分かります。

 さらに2リッターエンジン搭載のマツダ2はエクステリアデザインも日本仕様とは異なっており、ルーフがブラックアウト化されリアバンパー下部も突き出た迫力ある形状となっています。

 くわえて2本出しマフラーも標準装備となるなど、かなりスポーティなスタイリングとなっており、こちらの面でも注目のモデルと言えるでしょう。

※ ※ ※

 メキシコで販売される2リッターエンジンを搭載した新型マツダ2の車両価格は38万4900ペソ、日本円に換算して約340万円です。

【画像】カッコいい! これが2リッター初搭載の「新型マツダ2」です(50枚以上)

4000ccクラスの加速力! ターボ搭載の激速「マツダ3」が発売

マツダが新型「MAZDA3」発売へ! 新たなデザインを採用し、快適性と安全性も向上か

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.