デリカD:5カスタムの魅力は……

オンもオフもこなす
オトナなカスタムも許容する

デリカD:5 カスタム アップスタイル オフ系 カスタム


ミニバンでありヨンク
類い稀なカスタムベース

これまでスタイルワゴンでカスタムといえば、大きなホイールを履いてローダウン、そしてエアロがスタンダード。ベース車もアルファード&ヴェルファイアなどのミニバンやハリアーなどアーバンなSUVが中心だった。しかし、昨今のアウトドアへの趣味欲の高まりを受けて、カスタムの幅は拡がっている。

その代表的な例が、純正同等インチのホイールにブロックパターンが特徴のテレーンタイヤを組み合わせ、車高はそのまま、あるいは少しだけ上げる、いわゆる〝アップスタイル〟の盛り上がりである。とはいえ、アップスタイルが急に生まれたというわけではなく、オフロードの走破性を高めるためのカスタムとして、熱心なフリークに支えられてきたものだ。

それをスタイルとして楽しむオーナーの増加が、いまのアップスタイルを形成するに至る経緯である。

そのムーブメントを根っこの部分から支えているクルマのひとつがミツビシ・デリカD:5だ。いわゆる本格オフロード車とは一線を画すミニバン型のボディに加え、類い稀な悪路走破力を持つ足まわりのパッケージは、他のどのクルマともかぶらない強烈な個性。

2019年のマイナーチェンジでフェイスリフトを受けてからは、その印象をさらに高めている。

新型デリカD:5をカスタムするのであれば、その素性を活かすのが定石。他の現行ミニバンに近づいたデザインとこれまで培われてきた本格オフロード仕様のノウハウを組み合わせるカスタムを心がけたい。

「【アウトドアが好き、カスタムが好き、選択肢はミニバン】今ブームにのるクルマ、デリカD:5をカスタムする魅力って何!?」の1枚めの画像

例えば、スタイルワゴン本誌で連載している新型デリカD:5。

デルタフォース・オーバルとBFグッドリッチという黄金の組み合わせに、ブリッツ車高調によるリフトアップで足元を押さえつつ、グリルなどのブラックアウトによって顔付きを引き締める。

街中を走っていても自然と溶け込み、いざオフロードに出向けば、ポテンシャルを遺憾なく発揮する。ショッピングモールからキャンプ場まで、どんなシーンにも馴染むカスタム。

他のミニバンやアーバンSUVではマネできない一箭双雕こそ、新型デリカD:5カスタムの真髄といっても過言ではない。

【PARTS SPECIFICATION】
ホイール●デルタフォース・オーバル(17×7.0+32)
タイヤ● BFグッドリッチ・オールテレーンT/A KO2(245/65-17)
サスペンション●ブリッツ・ダンパーZZ-R(リフトアップ仕様)
その他エクステリア●グリル&ガーニッシュ・アイガーグレーメタリック塗装、フォース・フューエルカバーガード、ごぶやま・ハブリングスペーサー、マックガード・ホイールインストレーションキット
インテリア●クラッツィオ・プライムシートカバー&カスタムフロアマット
チューニング●ブリッツ・スロコン

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【アウトドアが好き、カスタムが好き、選択肢はミニバン】今ブームにのるクルマ、デリカD:5をカスタムする魅力って何!?